「 海外経済 」 一覧

金融政策のグリーン化が独立性を危うくする:ダニエル・グロス

2020/12/19

欧州政策研究センターのDaniel Gros氏が、金融政策のグリーン化に潜む危険を指摘している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

いかなる金利上昇も自滅的:スコット・マイナード

2020/12/17

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、米経済の鈍化が見える中、拡張的金融政策を継続せざるを得ないFRBの事情について解説している。

株式・債券・住宅、みんな高い:ロバート・シラー

2020/12/17

ロバート・シラー教授が、主たる資産価格を高いとしながらも、まだ投資できる対象は多くあると話している。

これは経済戦争だ:ウォーレン・バフェット

2020/12/16

オマハの賢人ウォーレン・バフェット氏が、政権移行の狭間で必要な決断をできないでいる米政治に厳しい注文をつけている。

2021年の2つリスク、必要なツール:モハメド・エラリアン

2020/12/16

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、現在の市場が想定しているシナリオを解説し、2021年のリスクとそれを乗り切るために必要となる手法を列挙している。

米中資本戦争なら起こるコト:レイ・ダリオ

2020/12/16

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、通貨ドルの価値低下についていくつかのエピソードを想定して語っている。

インフレや金利上昇は忘れておけ:ゴールドマン・サックス

2020/12/15

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのマイク・スウェル氏は、米金利が今後長い間低い水準にとどまると予想し、政策・市場の側面から解説している。

安心してください、強気ですよ:ジェレミー・シーゲル

2020/12/14

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、直近のマネーサプライM1の急増を指摘し、今回のポッドキャストも強気で締めくくっている。

ブラックロック

2021年のためのバーベル・アプローチ:ブラックロック

2020/12/13

資産運用の世界最大手ブラックロックのマイク・パイル氏が、2021年に向けて、米国株、ファクター、日本株、新興国市場などについて同社のスタンスを説明している。

米PERは50倍もありうる:レイ・ダリオ

2020/12/11

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、「お金と信用の洪水」による市場サイクル消滅の可能性に言及した。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。