「 海外経済 」 一覧

【短信】フェアバリューは下がっていない:GMO

2020/03/15

バリュー投資家として知られるジェレミー・グランサム氏のGMOが、最近の株価下落をチャンスと見ている。

ジム・オニール

市場は先読みする:ジム・オニール

2020/03/15

英財務次官も務めたジム・オニール氏が、コロナ・ショックについて適切な政策が講じられれば、市場は先読みで反応すると話している。

コロナウィルスは現実のパンデミック:ロバート・シラー

2020/03/14

ロバート・シラー教授が、新型コロナウィルスが社会・経済・市場に及ぼす影響の特異性について語っている。

米国は日本化の瀬戸際に:ローレンス・サマーズ

2020/03/13

ローレンス・サマーズ元財務長官(元ハーバード大学学長、現教授)が、米経済の日本化について警告している。

信用危機へのカウントダウン:ヌリエル・ルービニ

2020/03/13

世界金融危機を予想し《終末博士》とも呼ばれるヌリエル・ルービニ ニューヨーク大学教授は、適切な救済措置がなければ、コロナ・ショックが信用危機に発展すると予想している。

景気後退入りへ、でも光が訪れる:ジェレミー・シーゲル

2020/03/13

《永遠のブル》ジェレミー・シーゲル教授が、残った気力を振り絞って強気コメントを力説している。

【短信】原油安がもたらす新興国市場のチャンス:マーク・モビアス

2020/03/12

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏が、ロングを増やしていると明かし、投資のアイデアを1つ披露している。

慣れておくべき政策:レイ・ダリオ

2020/03/12

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、新型コロナウィルスにかかわる対応策について金融・財政政策の協調を唱えている。

【書評】経済学はどのように世界を歪めたのか

2020/03/11

『経済学はどのように世界を歪めたのか 経済ポピュリズムの時代』はSMBC日興証券の森田長太郎氏が著した経済学(?)批判の書。(浜町SCI)

【短信】まだ底を打っていない:モハメド・エラリアン

2020/03/11

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏の10日の発言: まだ底を打っていない。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。