「 海外経済 」 一覧

ドル相場、外国投資、アクティブ運用:ジェレミー・シーゲル

2022/01/05

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、従前どおりの強め予想を述べた後、珍しくドル相場・外国投資・アクティブ運用について触れている。

米国株は年後半に下落、10-15%の下げに:デニス・ガートマン

2022/01/04

デニス・ガートマン氏は、足元の米国株市場の強さに驚きつつも、利上げ開始後の弱気相場入りを予想している。

バイロン・ウィーン/ジョー・ザイドルの2022年びっくり10大予想

2022/01/04

ブラックストーンが、バイロン・ウィーン、ジョー・ザイドル両氏による「2022年のびっくり10大予想」を公表した。 同予想はモルガン・スタンレー時代の1986年、ウィーン氏が始めて37年目となる。

東京証券取引所アローズ

投資家が陥りがちな3つの「常識」

2022/01/03

多くの投資家も同じだと思うが、弊社では今いつになく真剣に投資戦略について精査を繰り返している。(2022年1月1日 浜町SCIコラム)

バーニー・サンダース議員、ウォーレン・バフェット氏を労働争議に巻き込もうとする

2021/12/31

バーニー・サンダース上院議員がウォーレン・バフェット氏を傘下企業の労働争議に巻き込もうとしていることが大きく報じられている。

ジェレミー・シーゲル教授のまだ強気な2022年米国株市場予想

2021/12/30

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、パンデミックがもたらした経済・労働市場の変化がすべて元に戻ることはないとし、FRB利上げが極めて急ピッチになると予想している。

【短信】繰り返す典型的な支配者の財政運営:レイ・ダリオ

2021/12/29

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が為政者の財政運営についてツイートした。

趨勢的スタグフレーションのリスク:ローレンス・サマーズ

2021/12/28

ローレンス・サマーズ元財務長官は、超過需要がいつまでも続くことは考えにくいとして、米経済が趨勢的スタグフレーションに発展するリスクを警告している。

【映画】マネー・ショート 華麗なる大逆転

2021/12/27

世はクリスマス。 たいしたニュースもなく、相場も荒れる様子はないので、のんびり楽しめるDVDを紹介しよう。(浜町SCI)

【短信】ジェレミー・シーゲル教授からのハッピィクリスマス

2021/12/24

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は今年も強気相場予想で年を終えそうだ。 ロングで待っている強気投資家は教授のお言葉でしばし幸福に浸ろう。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。