「 海外経済 」 一覧

これだけ悲観すべきファクトがある:デービッド・ローゼンバーグ

2021/07/13

ベア派エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、上昇の続く株式市場を前に、従前からの米ディスインフレ予想を継続し、毒を吐きまくっている。

ウーバーのように緩い金融政策:モハメド・エラリアン

2021/07/13

アリアンツ経済顧問のモハメド・エラリアン氏が、最近の米長期金利低下の原因、短期的な米国株市場の見通しを述べた後、その先に待ち構える世界経済・市場のリスクについて言及している。

米ドル

転職しないから経済が滞る:アリソン・シュレーガー

2021/07/12

エコノミストのアリソン・シュレーガー氏が、米労働者のマインドと米経済のダイナミズムに関する興味深いコラムを書いている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

16-18%程度の調整がありうる:スコット・マイナード

2021/07/11

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、短期的に16-18%程度の調整がありうると、妙に刻んだ予想を述べている。

流動性相場は続くが要注意:モハメド・エラリアン

2021/07/09

アリアンツ経済顧問 モハメド・エラリアン氏は、最近の米金利低下が一時的なものだとして、数週間のうちには元に戻る可能性があると予想する一方、用心が必要な局面に入りつつあると投資家に釘を刺している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

【短信】金利上昇予想の根拠は十分か?:スコット・マイナード

2021/07/09

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、低下を続ける米長期金利について、各々の予想の内容について再評価するよう促している。

ウォール街

【短信】この一過性は長い一過性:クレディ・スイス

2021/07/09

クレディ・スイスのジョナサン・ゴラブ氏が、足元の高成長・高インフレを一過性と見た上で、株価上昇を予想し、バリュー株を推奨している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

【短信】金利低下に道が開けている:スコット・マイナード

2021/07/08

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、従前の予想どおりの動きを続ける米長期金利について、さらに低下するだろうと示唆している。

原油は80ドル程度まで上昇する:デニス・ガートマン

2021/07/07

コモディティ王とも呼ばれたデニス・ガートマン氏が、原油価格、インフレの先行き、FRBの金融政策正常化についてコメントしている。

成長・インフレ期待はピークアウト:デービッド・ローゼンバーグ

2021/07/07

ベア派エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、米国株市場の有望セクターについて話している。 ベア派のロジックがどのようなセクターに行き着くか、頭を整理しておこう。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。