ダニエル・グロー:日本の隠れた成功

Share

欧州政策研究センターのDaniel Gros氏は、ディスインフレ下の日本経済が異例の成功を収めてきたと考えている。
そこから学ぶべき教訓を3つ挙げ、2%物価目標の重要性に疑問を投げかけている。
“ダニエル・グロー:日本の隠れた成功” の続きを読む

レイ・ダリオ:平均が金融・財政政策を歪める

Share

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が、社会・経済のありようを平均値で見ることの弊害を指摘している。
米社会では分断が続いており、これが政府の財政問題をいっそう難しくするだろうと示唆した。
“レイ・ダリオ:平均が金融・財政政策を歪める” の続きを読む

加藤出氏:雨が降り出す前に

Share

東短リサーチの加藤出氏が、J.F.ケネディ大統領の議会演説を引用したクリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事の講演についてコメントしている。
好景気のうちの改革が望まれるのに、そうした気配が感じられない点に危機感を抱いている。
“加藤出氏:雨が降り出す前に” の続きを読む

グリーンスパンがピーター・シフに送った手紙

Share

ビーター・シフ氏が30年前のブラック・マンデー直後のことを回想している。
UC Berkeleyを卒業し、金融界でキャリアをスタートしたばかりだった若きシフ氏は、アラン・グリーンスパンFRB議長(当時)と手紙のやり取りをしたのだという。
“グリーンスパンがピーター・シフに送った手紙” の続きを読む

ジョージ・ソロス、約2兆円相当を慈善団体へ寄付

Share

伝説のヘッジ・ファンド・マネージャー ジョージ・ソロス氏が180億ドル(約2兆円)を自身が理事長を務める慈善財団に寄付したことが明らかになった。
この寄付により、同財団はビル・ゲイツ夫妻の財団についで全米で2番目に大きな慈善財団となる。
“ジョージ・ソロス、約2兆円相当を慈善団体へ寄付” の続きを読む

クルーグマン、マーク・ファーバーに牙をむく

Share

ポール・クルーグマン教授が、マーク・ファーバー氏をやり玉に上げた。
クルーグマン教授らしい子供っぽい口喧嘩なのだが、背景にはいくつの問題が潜んでいる。
“クルーグマン、マーク・ファーバーに牙をむく” の続きを読む

ヌリエル・ルービニ:だらだらと続く弱気

Share

「終末博士」の異名をとるNouriel Roubiniニューヨーク大学教授が、社会に立ち込める楽観論に疑問を呈している。
世界の主要4大経済(中国、ユーロ圏、日本、米国)の歩む3つのシナリオを呈示し、将来を占っている。
“ヌリエル・ルービニ:だらだらと続く弱気” の続きを読む

熊野英生氏:疑心暗鬼とリスク・プレミアム

Share

第一生命経済研究所 熊野英生氏が大衆迎合に走る政治を嘆いている。
このまま財政悪化を放置すれば、いつか市場の疑心暗鬼がリスク・プレミアムを拡大させかねないと懸念した。
“熊野英生氏:疑心暗鬼とリスク・プレミアム” の続きを読む