「 政治 」 一覧

コンセンサスの生まれ方:シーゲルvsエラリアン

2020/01/15

ウォートン校のラジオ番組で、モハメド・エラリアン氏にジェレミー・シーゲル教授がインタビューしていたが、これがどうにもエコノミストたちがコンセンサスを形成する過程のように見え興味深かった。

Bitcoin

暗号資産「証拠金2倍まで」に見る割り切り

2020/01/11

金融庁が、個人による暗号資産の証拠金取引の倍率上限を2倍までとする規制強化を予定していることについて、熱心なファンからは疑問の声が上がっている。

SNSが引き起こした歴史的変化:ロバート・シラー

2020/01/08

ロバート・シラー教授が、トランプ大統領のイメージ戦略とそれに果たしたメディアやSNSの役割について解説している。

2020年の最大のリスク:ジェフリー・ガンドラック

2020/01/08

債券王ことダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、2020年最大のリスクとして、投資家が最も不得意とする類のリスクを挙げた。

バイロン・ウィーンの「2020年の10のサプライズ」

2020/01/07

ブラックストーンが、バイロンR.ウィーン氏による1986年以来35年目となる恒例の「10のサプライズ」を顧客に送った。

見過ごされている日本経済・市場のチャンス:イェスパー・コール

2020/01/06

ウィズダム・ツリーのイェスパー・コール氏が、2020年の日本経済・市場に強気の見通しを述べている。

イラン攻撃:ヌリエル・ルービニ教授の予言がまた当たる?

2020/01/05

米国によるイラン司令官の殺害は何を意味するのか、「終末博士」ヌリエル・ルービニ教授が2018年10月に予想していたシナリオを見直しておこう。

インフレとは歯磨き粉のようなもの:マーク・ファーバー

2020/01/04

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、ハト派FRB高官と格差問題について皮肉り、インフレのリスクを警告している。

【書評】日本経済の呪縛-日本を惑わす金融資産という幻想

2019/12/29

ニッセイ基礎研の櫨浩一氏によるストックにまつわる経済書。 バランスのよくとれた良書である。(浜町SCI) (この書評記事は当初2014年に浜町SCIコラムに掲載されたものです。未掲載の書評のうち現在で …

2020年も米国株は順調、低金利が続く:バイロン・ウィーン

2019/12/25

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、来年の米国株市場について強気の見方を示し、物色のしかたを説明している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。