「 海外経済 」 一覧

グッゲンハイム スコット・マイナード

【短信】刺激策なければ弱気相場入りも:スコット・マイナード

2020/09/25

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、米国で十分な追加的な財政刺激策が行われない場合、S&P 500が弱気相場入りすると示唆している。

ブラックロック

欧米の景気循環株を増やした:ブラックロック

2020/09/25

資産運用の世界最大手ブラックロックのラス・ケストリッチ氏が、景気回復に強気な考えを示し、欧米の景気循環株のウェイトを増やしていると話している。

FRBはインフレを微調整できない:ジェレミー・シーゲル

2020/09/23

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、FRBの想定するインフレ推移について苦笑し、自身が予想するインフレ・ドル相場のシナリオについて語っている。

米国は75歳の帝国、5年でドル離れの可能性:レイ・ダリオ

2020/09/20

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏のあるインタビューでの発言に興味深いものが多く、重複を恐れず紹介しよう。

市場が調整した本当のワケ:モハメド・エラリアン

2020/09/19

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、16日のFOMC以降調整しているように見える米市場について、市場の受け取り方という面から解説している。

FRBはバブルを維持しようとしている:ピーター・シフ

2020/09/18

ユーロ・パシフィック・キャピタルのピーター・シフ氏が、FRBのウソを指摘し、それが金など資産価格にもたらす影響を説明している。

今起こっていること、これから起こること:レイ・ダリオ

2020/09/18

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、現在進行中の現象のロジックを示し、将来起こる現象を暗示した。

グッゲンハイム スコット・マイナード

調整の後、数年バブルが継続する:スコット・マイナード

2020/09/17

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、金融緩和の副作用について指摘し、今後数年バブルが継続すると予想した。

人生をかけちゃいけないけど:ジェレミー・シーゲル

2020/09/16

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、月初の株価の調整を歓迎し、バリュー株のアウトパフォーマンスを控えめに予想した。

タトゥーは消えない。守りを固めろ:ビル・グロス

2020/09/15

かつて債券王と呼ばれたビル・グロス氏が、欧米での株式パフォーマンス格差について解説し、守りを固めるよう説いている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。