「 海外経済 」 一覧

10年でドルが準備通貨でなくなる可能性:ブリッジウォーター

2020/01/17

レイ・ダリオ氏率いるブリッジウォーター・アソシエイツのグレッグ・ジェンセン共同CIOが、米国株・米ドルに弱気の見方を示し、一方で金の30%上昇を予想している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

バブル前の1999年に似ている:スコット・マイナード

2020/01/17

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、今年と来年の経済と投資環境を予想している。

コンセンサスの生まれ方:シーゲルvsエラリアン

2020/01/15

ウォートン校のラジオ番組で、モハメド・エラリアン氏にジェレミー・シーゲル教授がインタビューしていたが、これがどうにもエコノミストたちがコンセンサスを形成する過程のように見え興味深かった。

【グラフ】これがQEである根拠:ジェフリー・ガンドラック

2020/01/15

債券王ことダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、米量的緩和と長期金利の間の奇妙な関係について紹介している。

ゲームのルールを変えうる3つのトリガー:モハメド・エラリアン

2020/01/14

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、足元の米市場を分析し、市場のロジックを変化させうる3つのトリガーについて語っている。

今後3-5年は過去10年とは異なる多難な時代に:PIMCO

2020/01/13

債券ファンドPIMCOのヨアヒム・フェルス氏が、米市場が熱狂に傾きつつある中、とても冷めた弱気な見通しを述べている。

多くの人がとても楽しい時間を過ごす:ジム・ロジャーズ

2020/01/13

ジム・ロジャーズ氏が、各国金融政策を批判する一方で、足元の相場が何を意味するかを解説している。

業績よりも金融緩和:バイロン・ウィーン

2020/01/12

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、今年の「10のサプライズ」を補足する形で、金融政策・株価・選挙について解説している。

バイロン・ウィーン氏の魔法のDDMテーブル

2020/01/10

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏とジョー・ザイドル氏がウェブキャストで「2020年の10のサプライズ」を説明した。

金利上昇は限定的、ドル安予想を継続:ジェフリー・ガンドラック

2020/01/10

ジェフリー・ガンドラック氏による1月8日ウェブキャスト第4弾: 金利とドル相場の見通しについて語っている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。