「 海外経済 」 一覧

ハワード・マークス

タイミングとタイムの違い:ハワード・マークス

2022/01/19

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏は、米経済の回復を予想する半面、刺激策を減らすことも必要とし、投資家が検討すべき2つのポイントを説明している。

サイクルが終盤に向け急速に進みつつある:PIMCO

2022/01/16

PIMCOのティファニー・ウィルディング氏らは、パンデミックに端を発した景気サイクルが急速に中盤に達し、今後終盤に向かうとし、いっそうの銘柄選択を求めている。

日本株に注目している:ブリッジウォーター

2022/01/15

ブリッジウォーター・アソシエイツのレベッカ・パターソン氏は、米経済・市場についての2つのリスクを挙げ、日本の株式市場に注目していると明らかにした。

2022年末-23年にかけ1ドル130円へ:榊原英資氏

2022/01/14

ミスター円こと榊原英資 元財務官は、米経済の強さを背景に、年末から来年にかけ1ドル130円まで円安ドル高が進む可能性があると話している。

インフレは供給だけでなく需要も大きい:ジェレミー・シーゲル

2022/01/14

最近のインフレ昂進と株価上昇を的中させてきたジェレミー・シーゲル教授が引っ張りだこだ。 その教授が今一番声を大きくしているのが、足元のインフレの真因だ。

今日のFRB議長発言は2018年と同じ:ジェフリー・ガンドラック

2022/01/13

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が年初のウェブキャストで、広範なテーマについて分析している。

FRBはBloomberg端末で十分:ジェフリー・ガンドラック

2022/01/12

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏は、1.25%程度のFF金利で経済は破壊されると予想し、後手にまわってきたFRBを痛烈に批判している。

バイロン・ウィーンの魔法のDDMテーブル

2022/01/11

ブラックストーンのバイロン・ウィーン、ジョー・ザイドル両氏が「2022年のびっくり10大予想」についてのウェブキャストを行った。 ウィーン氏はいつものように独自のDDMテーブルを用い、今年の米国株相場 …

市場は動揺し経済成長は脅かされる:ローレンス・サマーズ

2022/01/11

ローレンス・サマーズ元財務長官は、経済・市場が金融引き締めに対して脆弱性を高めているとして、今後、金融引き締めの悪影響が及びうると予想している。

円は間違いなく安い、極度に過小評価された通貨:ゴールドマン

2022/01/10

ゴールドマン・サックスのザック・パンドル氏は、2022年を通して緩やかなドル高を予想するものの、円については弱くなる方向を予想している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。