「 海外経済 」 一覧

米国例外主義の偉大で最悪のありさま:レイ・ダリオ

2024/05/19

ブリッジウォーター・アソシエイツ創業者レイ・ダリオ氏が、米国例外主義、米社会の分断について書いている。

テクニカルで見て売りではない:ジェレミー・シーゲル

2024/05/19

《永遠のブル》ジェレミー・シーゲル教授が、誠実で明解で苦悩に満ちた強気予想を語り、強気相場が継続するための条件を説明している。

【短信】景気鈍化による利下げ:モハメド・エラリアン

2024/05/18

アリアンツ主席経済顧問モハメド・エラリアン氏は、米インフレ目標を引き上げなければ、景気鈍化を招くと警告している。

【短信】円安が日銀の背中を押す:ラグラム・ラジャン

2024/05/17

IMFチーフエコノミスト、インド中銀総裁を歴任したラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が、日銀の胸の内を代弁している。

外国勢にとっての日本株リターンの源泉:ブリッジウォーター

2024/05/15

ブリッジウォーター・アソシエイツのカレン・カーニオルタンブール氏が、分散投資等について語っている。 その中で、外国勢の日本株投資の魅力の1つが語られており、かつそれが停止・反転しうると暗示されている。

今週はVery Big Week:ジェレミー・シーゲル

2024/05/14

最近発言がやや抑え気味に聞こえていたジェレミー・シーゲル教授だが、直近のコメントでも《永遠のブル》らしからぬトーンが目立っている。

米ドル

値上げの均衡点?

2024/05/13

CNBCが「物価が二度と低下しないかもしれないワケ」と題するビデオを公開していた。 その中に少し気になる解説があった。

ハワード・マークス

ハワード・マークス、マクロ見通しを語る

2024/05/08

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、今後の株式・クレジット市場の状況についてコメントしている。

円安はファンダメンタルズ通り:モルガンスタンレー

2024/05/07

モルガン・スタンレーのデービッド・アダムス氏が、円安と日本株の関係について、よく聞く話の先について解説している。

【短信】ファストフード値上がりの本質

2024/05/06

最近米社会でインフレ下での外食産業のあり方が注目を集めているようだ。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。