「 海外経済 」 一覧

アスワス・ダモダラン

2022年のキーワードはインフレ:アスワス・ダモダラン

2021/12/04

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、米インフレの見通しを述べ、投資家へのアドバイスを語っている。

FRBは来年4回の利上げを示唆すべき:ローレンス・サマーズ

2021/12/04

ローレンス・サマーズ元財務長官が、金融引き締めについての市場の織り込みは楽観的とし、FRBに例えば来年4回の利上げを示唆するよう促している。

利上げの現実を知って市場にショックが走る:ウィリアム・ダドリー

2021/12/02

ウィリアム・ダドリー元ニューヨーク連備総裁は、市場が今後のFRBの利上げ幅を過小評価しており、どこかのタイミングで金融市場にショックが走るだろうと予想している。

【短信】レイ・ダリオの新著が発売

2021/12/01

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏の新著『Principles for Dealing with the Changing World Order』が30日発売された。 (リンク先はアマ …

今回だけでは終わらない:ジェレミー・シーゲル

2021/12/01

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、遅ればせながらインフレへの危機感を示したFRBについて、来年の展開を予想している。

ジェレミー・シーゲルの2022年の米株価・金利予想のひねり方

2021/11/30

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、来年2022年の米国株・米金利の予想を披露しているが、かなりいつもと違う趣きだ。

【短信】オミクロンを恐れる2つの理由:モハメド・エラリアン

2021/11/29

アリアンツ経済顧問のモハメド・エラリアン氏は、市場がオミクロン変異種を恐れる理由、あるべき財政・金融政策について語っている。

【短信】オミクロンのもたらす4シナリオ:ゴールドマン・サックス

2021/11/29

世界の経済・市場に冷や水を浴びせたオミクロン変異種について、ゴールドマン・サックスのヤン・ハチウス氏らが4つのシナリオを提示している。

株式は「最もきれいな汚れたシャツ」:モハメド・エラリアン

2021/11/28

アリアンツ経済顧問のモハメド・エラリアン氏がゴールドマン・サックスによるインタビューで、政策や投資についてバランスのとれた見解を披露している。

【短信】まだ売っていないしショートもしてない:ジム・ロジャーズ

2021/11/27

ジム・ロジャーズ氏が、各国中央銀行の足元を読み、今回の上昇相場の《最後のひと上げ》がまだ残っていると主張している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。