「 海外経済 」 一覧

貯蓄吸収が政策の重点に:ローレンス・サマーズ

2020/11/23

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、財政政策を軸とした拡張的な経済政策への移行が見込まれるとの自説を繰り返している。

金融アルマゲドンへの備えが奪われる:ローレンス・サマーズ

2020/11/23

クリントン政権で財務長官を務めたローレンス・サマーズ ハーバード大学教授が、レイムダックとなったトランプ政権の経済政策に対して辛辣な批判を展開している。

ハワード・マークス

不確実と低い予想リターンの世界:ハワード・マークス

2020/11/21

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、現状の市場の特徴を不確実と低い予想リターンという2つの観点で説明している。

【短信】ハシゴが外される:ジェフリー・ガンドラック

2020/11/21

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、米財務長官によるFRBへの注文の意味を短く解説している。

今重要な3つの観点:レイ・ダリオ

2020/11/20

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、社会や経済主体を区別することの重要性を説き、市場に反映されている区別のロジックを解説している。

国際株式をあきらめてはいけない:ジェレミー・シーゲル

2020/11/17

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、明るい笑顔でいつものとおり米国株高・ドル安を予想し、その一方で国際株式(米国以外の株式)への投資を継続するよう奨めている。

選挙を経ても変わらないコト:ブリッジウォーター

2020/11/15

ブリッジウォーター・アソシエイツでレイ・ダリオ氏らと共同CIOを務めるボブ・プリンス氏らが、米大統領・議会選挙の結果が見えつつある中、経済・市場の論点整理を行っている。

マフィア以下の人たちがくれるチャンス:マーク・ファーバー

2020/11/14

真っ黒なマーク・ファーバー氏が、ポリティカル・コレクトネスをかなぐり捨てて、各国の経済政策に毒を吐きまくっている。

2030年ならまだ米ドルが王様:ケネス・ロゴフ

2020/11/13

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、ドル相場の不気味な安定の原因を分析し、ドル凋落の可能性についてコメントしている。

米労働市場の残酷な現実:ジェレミー・シーゲル

2020/11/13

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米国における雇用環境について予想している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。