「 海外経済 」 一覧

ジョセフ・スティグリッツ

古臭い小売店は救うな:ジョセフ・スティグリッツ

2020/07/08

ジョセフ・スティグリッツ教授が、コロナ・ショック対応における支援・救済策についてやや意外な注文を付けている。

誰もあなたを救えない:ロバート・キヨサキ

2020/07/08

実業家・投資家・ベストセラー作家のロバート・キヨサキ氏が、米国や世界にとっての最大の問題点を指摘し、個人としての解決策を説いている。

ブラックロック

テック、一般消費財、欧州:ブラックロック

2020/07/07

資産運用の世界最大手ブラックロックのリック・リーダー氏が、市場も経済も回復が著しい中での推奨セクター・資産クラスを列挙している。

東京証券取引所アローズ

バブルか?暴落か?

2020/07/07

米市場の一部に楽観が高まっている中で、日本では相変わらず悲観が根強く、楽観論と悲観論が交錯するような状況が続いている。(浜町SCI)

米ドル

【書評】貨幣発行自由化論 改訂版

2020/07/06

『貨幣発行自由化論 改訂版-競争通貨の理論と実行に関する分析』はフリートリヒ・ハイエクの1976年の著書の新たな訳書(2020年4月第1版)。(浜町SCI)

アスワス・ダモダラン

グロースと素人が勝った本当のワケ:アスワス・ダモダラン

2020/07/06

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、コロナ・ショック初期と株価回復局面で何が起こったのかを解説し、バリューやプロの投資家がアンダーパフォームした原因を推論している。

中央銀行に訪れる究極の選択:レイ・ダリオ

2020/07/05

レイ・ダリオ氏のBloombergインタビュー第3弾: 貨幣増発によって市場・経済を支えようとする試みがいつまで継続可能かについて述べられている。

PER 40-50倍もなさそうとは言えない:レイ・ダリオ

2020/07/04

レイ・ダリオ氏のBloombergインタビュー第2弾: 債務増大・マネタイゼーションの時代に投資すべき対象のヒントが述べられている。

米ドル安こそ現実のリスクだ:ジェフリー・ガンドラック

2020/07/04

ジェフリー・ガンドラック氏のYahoo! Financeインタビュー第3弾: ドル安予想とそれにともない起こりうる米市場の凋落について語られている。

マネー創出に動かされる経済:レイ・ダリオ

2020/07/03

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、FRBの政策と米市場の状況について、ただ淡々と解説している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。