「 海外経済 」 一覧

ハワード・マークス

米国株は買いか、売りか?:ハワード・マークス

2020/08/07

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、米ドル・債務問題・米国株市場について見通しを述べている。

アインホーン、おまえもか!?

2020/08/06

グリーンライト・キャピタルのデービッド・アインホーン氏が、珍しく大きなマクロのポジションをとったと明かしている。

バイナリーな将来に対する投資推奨:ジェフリー・ガンドラック

2020/08/06

ジェフリー・ガンドラック氏のValuetainment Economicsインタビュー第3弾: バイナリーな将来に対する投資推奨が語られている。

社会内だけでなく世代間の公平を:ラグラム・ラジャン

2020/08/05

IMFチーフエコノミスト、インド中銀総裁を歴任したラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が、コロナ・ショック対策の財政出動について、世代間の公平という観点から精査すべきと述べている。

米国を待つ部分的デフォルト:ジェフリー・ガンドラック

2020/08/05

ジェフリー・ガンドラック氏のValuetainment Economicsインタビュー第2弾: 米財政の先行きについて2つの可能性が述べられている。

株式は実物資産に対する請求権:ジェレミー・シーゲル

2020/08/04

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、主張し続けてきた強気相場継続予想についてレビューし、あわせてリスク要因を検討している。

貨幣増発が必ず行き着く結末:ジェフリー・ガンドラック

2020/08/04

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、最も恐れる「真正の貨幣増発」について語り、歴史が指し示す結末を説明している。

金は通貨安へのヘッジ、オーバーウェイト:ヌリエル・ルービニ

2020/08/03

ヌリエル・ルービニ ニューヨーク大学教授は、拡張的政策が潜在的に通貨の価値を貶めると予想し、金がヘッジ手段として上昇していると解説した。

金は買われすぎだがもっと上がる:マーク・ファーバー

2020/08/03

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、リスク資産が上昇している背景を解説し、足元で買われすぎの貴金属がさらに上昇する可能性を示唆している。

2005年は突然だった:ロバート・シラー

2020/08/02

ロバート・シラー教授が、順調な米住宅市場について、いつ下落を始めてもおかしくないとし、仮にそうなれば経済に大きな影響を及ぼすと示唆している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。