【短信】少しいい感じがしてきた:モハメド・エラリアン

2020/04/07

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏の6日の発言: 医療面での改善の兆しに素直に好感している。

ブラックロック

景気・市場回復期のショッピング・リスト:ブラックロック

2020/04/07

資産運用の世界最大手ブラックロックのトニー・デスピリト氏が、市場の底打ち後に特に有望となる分野について予想している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

あと12年、金利上昇の心配はない:スコット・マイナード

2020/04/07

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、金融環境の長期的な見通しをいつものようにホライズン付きで述べている。

ハワード・マークス

今後2-3年の有望分野:ハワード・マークス

2020/04/06

ハワード・マークス氏のXP Investimentosインタビュー第2弾: 有望な分野とリスク管理について、考え方の根本を教えている。

財政政策の規模はすでに十分:ジェームズ・ブラード

2020/04/06

セントルイス連邦準備銀行ジェームズ・ブラード総裁が、政策の意図と規模感について語っている。

株価急落の深層:ロバート・シラー

2020/04/06

ロバート・シラー教授が、米国株市場についてほどほどの楽観を述べつつ、リスク・シナリオにも言及している。

経済回復のタイムフレーム:ローレンス・サマーズ

2020/04/06

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、コロナ・ショックからの立ち直り方についていくつか注文をつけている。

投資適格債、日銀の2匹目のどじょう:モハメド・エラリアン

2020/04/05

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏の3日の発言: FRBの先回り、2匹目のどじょうを追う戦略の危うさを警告している。

楽観論の落とし穴:ジム・チャノス

2020/04/05

キニコス・アソシエイツのジム・チャノス氏が、現状の相場観や空売りの役割について語っている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

原油価格がマイナスに!?:スコット・マイナード

2020/04/05

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、クレジット市場でやや買いの意欲を示しつつ、株式・原油に対しては弱気の予想を続けている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。