選挙後にポジティブ・サプライズが:ジェレミー・シーゲル

2020/10/01

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、選挙前後の米国株市場、今後のREIT市場についてコメントしている。

ドル凋落時の賢明な投資家の行動:レイ・ダリオ

2020/10/01

レイ・ダリオ氏のSNS投稿についての第2弾: ドルの凋落がいつかはわからないとしながら、その時に起こることを予想している。

ヘッジ資産か?現金か?:JPモルガン

2020/09/30

JPモルガンのジョン・ノーマンド氏らが、従来ヘッジ手段と考えられてきた資産がヘッジに役立たなくなっていると指摘し、それにともなう投資家の行動を予想している。

回復不能なミスを回避しろ:モハメド・エラリアン

2020/09/30

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、レンジ相場を思わせる展開について解説し、そこに潜む落とし穴を警告している。

雇用の悪化が停滞を解く:ジェレミー・シーゲル

2020/09/29

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、市場にのしかかる2つの重荷を解説し、その1つを解消しうるイベントを想定している。

強気相場の終わりのルーティーン:ジム・ロジャーズ

2020/09/28

ジム・ロジャーズ氏が、概して従前からの考えを継続しつつも、次の弱気相場を意識した予想を語っている。

運命と3つのサイクル:レイ・ダリオ

2020/09/28

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が運命と3つのサイクルについて、目新しくはないが、これまでと少し違った書き方で書いている。

バリューは20年来のチャンスだが・・:ゴールドマン・サックス

2020/09/26

ゴールドマン・サックスのデービッド・コスティン氏が、景気循環株有利との見方に疑問を呈し、短期・長期に分けて注目すべきファクターを挙げている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

【短信】刺激策なければ弱気相場入りも:スコット・マイナード

2020/09/25

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、米国で十分な追加的な財政刺激策が行われない場合、S&P 500が弱気相場入りすると示唆している。

ブラックロック

欧米の景気循環株を増やした:ブラックロック

2020/09/25

資産運用の世界最大手ブラックロックのラス・ケストリッチ氏が、景気回復に強気な考えを示し、欧米の景気循環株のウェイトを増やしていると話している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。