すでに経済はかなり良い:バイロン・ウィーン

2021/01/18

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、「びっくり10大予想」の中で一番重要なものを尋ねられ、経済の回復シナリオのイメージを語っている。

第3四半期にも大きな経済拡大が:ラリー・フィンク

2021/01/18

資産運用の世界最大手ブラックロックのローレンス・D・フィンクCEOが、今後長期資産への需要が増えると予想し、2021年の経済の見通しを述べた。

2021年の押し目買い3セクター:バイロン・ウィーン

2021/01/17

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、年前半に予想する米国株市場の調整において押し目買いしたい3セクターについて話している。

通貨安誘導で最も非難されるべき国:ジム・ロジャーズ

2021/01/17

ジム・ロジャーズ氏が、世界各国の為替政策についてコメントし、退任間際の米大統領に辛辣な皮肉を投げかけている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

株は少なくとも3月末までは青信号:スコット・マイナード

2021/01/16

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、マクロ経済政策の見通しから、ビットコインに慎重、株式に強気なスタンスを語っている。

テスラが他社を買収する可能性に触れたワケ:バイロン・ウィーン

2021/01/16

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、「2021年のびっくり10大予想」の中でテスラによる他社買収の可能性について触れた真の意図を説明している。

定額給付は疑問符、インフラ投資を:バリー・アイケングリーン

2021/01/15

IMFのシニア政策アドバイザーなどを務めたUC Bercleyのバリー・アイケングリーン教授が、米国民への定額給付金の効果について疑問視し、インフラ投資を奨めている。

ハワード・マークス

引くほど理屈っぽいハワード・マークス家の親子の会話

2021/01/15

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、投資家向け「Memo」の中で、息子アンドリュー氏とのプロの投資家同士の会話を紹介している。

ハワード・マークス

みんな投資を迫られている:ハワード・マークス

2021/01/14

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、何が起こっても上昇を止める気配のないリスク資産の市場について背景を語っている。

インフレのレジーム変化:ジェフリー・ガンドラック

2021/01/14

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、米インフレのゆくえ、米国株の相対的魅力度について語っている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。