貯蓄吸収が政策の重点に:ローレンス・サマーズ

2020/11/23

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、財政政策を軸とした拡張的な経済政策への移行が見込まれるとの自説を繰り返している。

金融アルマゲドンへの備えが奪われる:ローレンス・サマーズ

2020/11/23

クリントン政権で財務長官を務めたローレンス・サマーズ ハーバード大学教授が、レイムダックとなったトランプ政権の経済政策に対して辛辣な批判を展開している。

今やってはいけない最大のミス:モハメド・エラリアン

2020/11/22

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、挽回不可能なミスを回避するためにポートフォリオをボトムアップで見直すべきと説いている。

ハワード・マークス

不確実と低い予想リターンの世界:ハワード・マークス

2020/11/21

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、現状の市場の特徴を不確実と低い予想リターンという2つの観点で説明している。

【短信】ハシゴが外される:ジェフリー・ガンドラック

2020/11/21

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、米財務長官によるFRBへの注文の意味を短く解説している。

今重要な3つの観点:レイ・ダリオ

2020/11/20

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、社会や経済主体を区別することの重要性を説き、市場に反映されている区別のロジックを解説している。

痛みはあと3か月:ジェレミー・シーゲル

2020/11/20

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、足元のコロナウィルス感染状況を心配しながらも、あと3か月ほどで状況は改善に向かうはずと話している。

ハワード・マークス

【短信】リスクテイクを増やすべきでない:ハワード・マークス

2020/11/20

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、ディストレスト債について慎重なスタンスを明らかにした。

現金を多く持つべきでない:JPモルガン

2020/11/19

JPモルガンのジョン・ノーマンド氏が、来年の市場環境を予想したほか、下げのリスクに備えるためのヘッジ手段について解説している。

ウォール街

良いニュースが出たら売り抜けろ:バンク・オブ・アメリカ

2020/11/19

バンク・オブ・アメリカのマイケル・ハートネット氏らが、米国株市場の楽観が行き過ぎているとして、ワクチン開発の良いニュースが出てきたところで株を売るよう奨めている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。