【Wonkish】均衡金利の前にあった見えない壁

Share

目新しい話ではないのだが、過度の金融緩和が金融システムの本来的機能を阻害するという話が再び注目されている。
目新しくない話が注目されるのは、それが日銀の黒田総裁によって言及されたものだからだ。(浜町SCI)
“【Wonkish】均衡金利の前にあった見えない壁” の続きを読む

【Wonkish】ヘッジコストが円高圧力に?

Share

国内投資家が為替ヘッジ付きで米10年債に投資する場合のヘッジ・コストが再び上昇しているのだという。
こうしたニュースを理解するために必要なのが、ヘッジ・コストの定義と意味合いだ。(浜町SCI)
“【Wonkish】ヘッジコストが円高圧力に?” の続きを読む

2017-3Qにグランサムが買った銘柄、売った銘柄

Share

グランサム氏率いるGMOの四半期保有報告書13Fから同社が7-9月に買った銘柄・売った銘柄をレビュー。
米市場が上昇する中でも、エクスポージャーを増やさないスタンスが垣間見える。
“2017-3Qにグランサムが買った銘柄、売った銘柄” の続きを読む

【グラフ】ガンドラック:ジャンク債と株式の離反に首を捻る

Share

新債券王ことDoubleline CapitalのJeffrey Gundlach氏が、先日のツイートに続いて、ジャンク債と米国株の連動が消えたように見えることに首を捻っている。
米国株が上昇を続ける中、ジャンク債の下落傾向が続いているためだ。(浜町SCI)
“【グラフ】ガンドラック:ジャンク債と株式の離反に首を捻る” の続きを読む

【書評】錬金術の終わり-貨幣、銀行、世界経済の未来

Share

リーマン危機後の世界の金融市場の混乱に立ち向かった一人、マーヴィン・キング前イングランド銀行総裁が書いた本質的な解決策への糸口。
タイトルにある「錬金術」とは、中央銀行が発行する貨幣を銀行が信用創造によって増やしていく営みを指したものだ。(浜町SCI)
“【書評】錬金術の終わり-貨幣、銀行、世界経済の未来” の続きを読む

【輪郭】上げ相場とリスク・パリティ戦略

Share

世界経済の好調さが鮮明になり、多くの心配をよそにリスク資産の価格が上昇を続けている。
投資家の中には本来のホーム・グラウンドからよりリスキーな市場に移ってまでアップサイド・ポテンシャルを狙おうとしている。(浜町SCI)
“【輪郭】上げ相場とリスク・パリティ戦略” の続きを読む

【輪郭】リスク分散のキホンのキ

Share

株式市場の好調が続いたせいか、最近個人投資家のリスク分散について話す機会が重なった。
金融機関に務める複数の方から、ご個人の投資について個人的アドバイスを求められるといった具合だ。(浜町SCI)
“【輪郭】リスク分散のキホンのキ” の続きを読む