「 国内経済 」 一覧

ドル円は100円へ、当面は100円割れはない:榊原英資氏

2021/01/24

ミスター円こと榊原英資 元財務官が、日銀の金融政策・為替・日米関係・東京オリンピックと広範な話題について語っている。

【短信】為替介入はあっても1度きり:渡辺博史 元財務官

2020/12/25

渡辺博史 元財務官が、円高ドル安がさらに進んだ場合の為替介入の可能性・効果について話している。

日本は40年のうちになくなるかも:ジム・ロジャーズ

2020/12/06

ジム・ロジャーズ氏が、日本株について強気スタンスを続ける一方、日本について暗い将来が待っていると話している。

来年も円高・株高トレンド:佐々木融氏

2020/11/29

JPモルガンの佐々木融氏が、現在の為替・金利・リスク選好の状況を解説し、来年にむけて円高ドル安・日本株高を予想している。

キャリード・インタレスト課税の落とし穴

2020/11/25

ファンドのキャリード・インタレストへの課税を軽減するとの案が、来年度の税制改正大綱に盛り込まれるとの報道があった。 理解はするが、なんとも時代に逆行しているように感じられ心配だ。(浜町SCI)

選挙を経ても変わらないコト:ブリッジウォーター

2020/11/15

ブリッジウォーター・アソシエイツでレイ・ダリオ氏らと共同CIOを務めるボブ・プリンス氏らが、米大統領・議会選挙の結果が見えつつある中、経済・市場の論点整理を行っている。

ロシア人が受け取るソビエトの年金:ジム・ロジャーズ

2020/11/04

ジム・ロジャーズ氏が、多くの国で見られる貨幣増発の末路について興味深い例を引きながら解説している。

借金してまで投資をしている:松本大氏

2020/10/25

マネックスグループの松本大氏が、数十年にわたる無借金を中断し、借金まで用いて投資に取り組んでいるという。

すべての面で特異なバブル:ジェレミー・グランサム

2020/10/20

大手投資会社GMOの共同創業者ジェレミー・グランサム氏が、現状の市場環境をバブルと話し、今回のバブルの特異性を指摘している。

米国保護主義と為替相場:リチャード・クー

2020/10/10

野村総研のリチャード・クー氏が、自由貿易の旗手だった米国が保護主義に傾いている原因を説明し、為替市場の改革を求めている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。