「 国内経済 」 一覧

2022年末-23年にかけ1ドル130円へ:榊原英資氏

2022/01/14

ミスター円こと榊原英資 元財務官は、米経済の強さを背景に、年末から来年にかけ1ドル130円まで円安ドル高が進む可能性があると話している。

円は間違いなく安い、極度に過小評価された通貨:ゴールドマン

2022/01/10

ゴールドマン・サックスのザック・パンドル氏は、2022年を通して緩やかなドル高を予想するものの、円については弱くなる方向を予想している。

日本円も保有すべきでない。借金すべき:レイ・ダリオ

2022/01/06

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、新著『Principles for Dealing with the Changing World Order』のエッセンス(結論を含む)を自身のS …

東京証券取引所アローズ

投資家が陥りがちな3つの「常識」

2022/01/03

多くの投資家も同じだと思うが、弊社では今いつになく真剣に投資戦略について精査を繰り返している。(2022年1月1日 浜町SCIコラム)

【短信】繰り返す典型的な支配者の財政運営:レイ・ダリオ

2021/12/29

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が為政者の財政運営についてツイートした。

スキームは近く崩壊する:伊藤隆敏教授

2021/12/24

伊藤隆敏コロンビア大学教授は、日本の社会・経済においてはMMTは持続可能でないとして、財政政策の中身に注文を付けている。

ブラックロック

来年も株式はプラス、債券はマイナス:ブラックロック

2021/12/15

ブラックロック・インベストメント・インスティテュートは、来年も株式がプラス、債券がマイナスのリターンになると予想しているが、その実はかなり慎重になっているようだ。

物価目標を賃金目標に変えろ: 渡辺努教授

2021/12/03

東京大学の 渡辺努教授が、日本における物価と賃金の悪循環を指摘し、日銀の政策目標を物価から賃金に変更するよう提案している。

【短信】レイ・ダリオの新著が発売

2021/12/01

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏の新著『Principles for Dealing with the Changing World Order』が30日発売された。 (リンク先はアマ …

危うさをはらむ円金利についての市場の前提:佐々木融氏

2021/11/29

JPモルガンの佐々木融氏が、日本をはじめ世界の投資家が日銀の金融政策や円金利について設けている前提について、今後揺らぐ可能性を無視すべきでないと書いている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。