「 国内経済 」 一覧

危うさをはらむ円金利についての市場の前提:佐々木融氏

2021/11/29

JPモルガンの佐々木融氏が、日本をはじめ世界の投資家が日銀の金融政策や円金利について設けている前提について、今後揺らぐ可能性を無視すべきでないと書いている。

明らかな危険とは最後の戦いを戦っていること:ラグラム・ラジャン

2021/11/25

IMFチーフエコノミスト、インド中銀総裁を歴任したラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が、中央銀行のデフレ/ディスインフレとの戦いが終わるかもしれないと書いている。

急激な引き締めは富のショックを引き起こす:ラグラム・ラジャン

2021/11/14

IMFチーフエコノミスト、インド中銀総裁を歴任したラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が、世界の多くの分野での資産バブル発生の懸念を示し、各国の中央銀行に慎重な対処を求めている。

【データ】通貨別のインフレ差

2021/11/01

国内外の投資利回りを比較する上で重要なインフレの動向について、IMF World Economic Outlook Databaseから抽出した。(浜町SCI 2021年11月1日)

2015年半ばの円高転換時に似てきた:佐々木融氏

2021/10/28

JPモルガンの佐々木融氏が、FRBの利上げとの関係で今後のドル円相場を占っている。(浜町SCI)

【輪郭】迷宮はここから始まった

2021/10/14

ブリッジウォーター・アソシエイツのグレッグ・ジェンセンCIOについての最近のFP記事を読んでいて、久しぶりにレイ・ダリオ氏の最初のビデオを見直さないといけないと感じた。(浜町SCI 2021年10月1 …

【メモ】バラッサ-サミュエルソン効果

2021/10/11

最近久しぶりにバラッサ-サミュエルソン効果という言葉を聞く機会が増えたような気がする。(浜町SCI 2021年10月10日)

リスク・ヘッジすべきリスクが違っている: ブリッジウォーター

2021/10/11

ブリッジウォーター・アソシエイツのグレッグ・ジェンセン氏は、サイクルが終期に向かっているとしながら、今後備えるリスクはこれまでと異なるものになると語っている。

ドル円が下落を始めるタイミング:佐々木融氏

2021/10/05

JPモルガンの佐々木融氏が、ドル円相場において実質金利差が無視されているように見える現状を説明し、次にドル円が円高方向に転換するタイミングを占っている。

生命維持装置を外す時:レオン・クーパーマン

2021/10/02

著名投資家レオン・クーパーマン氏は、従前からの短期強気・長期弱気のスタンスを継続しつつ、短期的に10-12%の調整が入る可能性に言及した。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。