「 国内経済 」 一覧

【短信】来年のドル円も105-110円のレンジ相場:榊原英資教授

2019/11/30

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授が、2020年のドル円相場の見通しを1ドル105-110円のレンジとし、一時100円に近づく局面もあると予想している。

「アジアのプラザ合意」論:リチャード・クー氏

2019/11/27

野村総研のリチャード・クー氏が、世界の貿易不均衡を解消するための「アジアのプラザ合意」論を説明している。

マーケティングは大学一卑しい分野:ロバート・シラー

2019/11/20

ロバート・シラー教授が、マーケティングをディスることから始めて、純粋資本主義の問題点を指摘している。

【輪郭】経済学が教える合理的選択

2019/11/19

先日ロバート・シラー教授の講演ビデオを見ていて、素朴に感じたことがある。(浜町SCI)

今は追加緩和の必要はない:榊原英資教授

2019/11/19

青山学院大学 榊原英資教授が、政府・日銀の思惑をくみつつ、当面は追加緩和は必要ないと指摘している。

世界は狂ってしまった:レイ・ダリオ

2019/11/06

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、現状の持続不可能な状況を列挙し、近く大きなパラダイム・シフトが起こると予想した。

ワイルドな経済では円は買われ100円へ:榊原英資教授

2019/11/03

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授が、ドル円相場の当面の見通しを1ドル105-110円のレンジとし、その後100円を目指すと予想している。

【書評】幻想の経済成長

2019/10/29

『幻想の経済成長』(The Growth Delusion: Wealth, Poverty, and the Well-Being of Nations)はフィナンシャル・タイムズ元東京支局長デイヴ …

質素ナラティブの功罪:ロバート・シラー

2019/10/29

ロバート・シラー教授が、永く存在し続けるナラティブを9つ挙げ、その中から質素を尊ぶナラティブについて言及している。

【書評】日本のマクロ経済政策

2019/10/28

『日本のマクロ経済政策: 未熟な民主政治の帰結』は、熊倉正修 明治学院大学教授による、日本のマクロ経済政策、結果的に主に異次元緩和やアベノミクスに対する批判を書き連ねた本。(浜町SCI)

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。