「 国内経済 」 一覧

貨幣増発が必ず行き着く結末:ジェフリー・ガンドラック

2020/08/04

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、最も恐れる「真正の貨幣増発」について語り、歴史が指し示す結末を説明している。

金は通貨安へのヘッジ、オーバーウェイト:ヌリエル・ルービニ

2020/08/03

ヌリエル・ルービニ ニューヨーク大学教授は、拡張的政策が潜在的に通貨の価値を貶めると予想し、金がヘッジ手段として上昇していると解説した。

金は買われすぎだがもっと上がる:マーク・ファーバー

2020/08/03

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、リスク資産が上昇している背景を解説し、足元で買われすぎの貴金属がさらに上昇する可能性を示唆している。

為替介入に学ぶ日銀にできる日本株活性化案:佐々木融氏

2020/07/20

JP Morganの佐々木融氏が、円売り為替介入で見られたある「現象」から、日本株市場のある活性化策を提案している。

米ドル

【短信】ユーロ/ドルは12か月で1.25へ:ゴールドマン

2020/07/14

ゴールドマン・サックスが米ドルと米経済への強気スタンスを見直し、対ドルでのユーロや円の上昇を予想している。

【短信】米国株はコロナウィルス前から脆弱:ジェレミー・グランサム

2020/07/14

大手投資会社GMOの共同創業者ジェレミー・グランサム氏が、あらためて米国株市場の割高感を強調し、新興国市場に目を向けるよう促している。

東京証券取引所アローズ

バブルか?暴落か?

2020/07/07

米市場の一部に楽観が高まっている中で、日本では相変わらず悲観が根強く、楽観論と悲観論が交錯するような状況が続いている。(浜町SCI)

米ドル

【書評】貨幣発行自由化論 改訂版

2020/07/06

『貨幣発行自由化論 改訂版-競争通貨の理論と実行に関する分析』はフリートリヒ・ハイエクの1976年の著書の新たな訳書(2020年4月第1版)。(浜町SCI)

日米の株式でバブル発生の可能性:ジム・ロジャーズ

2020/06/27

ジム・ロジャーズ氏が、経済政策に着目した上で、米国と日本の株式市場でバブルが発生する可能性について語っている。

貯蓄が増えV字回復にはならない:リチャード・クー

2020/06/21

野村総研のリチャード・クー氏が、再始動を始めた米経済の回復の道筋について予想している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。