「 海外経済 」 一覧

ウォール街

【グラフ】名目株価が下がらない世界??

2021/01/06

最近、一部の投資家から、弱気相場がやってきても名目株価が下がらないシナリオを考慮すべきとの声が出ている。(浜町SCI)

バイロン・ウィーンの2021年のびっくり10大予想

2021/01/05

ブラックストーンが、バイロンR.ウィーン氏による1986年以来36年目となる「2021年のびっくり10大予想」を公表した。 (今年もジョー・ザイドル氏との共同作業。)

ペントアップ・デマンドは期待薄:デービッド・ローゼンバーグ

2021/01/04

エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、強い米市場の理由の1つとなっている今年の経済回復期待について、行き過ぎた期待と警告している。

幻想のマネーに安心するな:マーク・ファーバー

2021/01/02

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、終末博士の異名どおり、現在直面するリスク・シナリオについて端的に説明している。

みんなが理解していないコト:デニス・ガートマン

2020/12/29

デニス・ガートマン氏が、インフレと金利についてのお気に入りの昔話を語っている。 明日役に立つかどうかを別として、バランス感覚のある常識に溢れた小話だ。

刺激策は大きすぎ、お粗末:ローレンス・サマーズ

2020/12/26

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)は、困窮する家計・企業が待ちに待った追加財政刺激策について、規模が過大、設計がお粗末と批判している。

米ドル

コロナ後の主要なテーマは質素倹約:デービッド・ローゼンバーグ

2020/12/25

エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、コロナ後の米社会において、貯蓄が神聖なものと扱われるようになると予想している。

2021年にかけて新興国市場にお金が集まる:JPモルガン

2020/12/24

JPモルガンのジェームズ・サリバン氏は、2021年にかけて新興国市場が先進国市場に比べはるかに有望になると話している。

米ドルは買い:デービッド・ローゼンバーグ

2020/12/24

エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、最近すっかり少数派になった2021年についての弱気予想を語っている。

金融政策のグリーン化が独立性を危うくする:ダニエル・グロス

2020/12/19

欧州政策研究センターのDaniel Gros氏が、金融政策のグリーン化に潜む危険を指摘している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。