「 海外経済 」 一覧

タトゥーは消えない。守りを固めろ:ビル・グロス

2020/09/15

かつて債券王と呼ばれたビル・グロス氏が、欧米での株式パフォーマンス格差について解説し、守りを固めるよう説いている。

ブラックロック

大統領選に向けた物色のアイデア:ブラックロック

2020/09/15

資産運用の世界最大手ブラックロックのリック・リーダー氏が、米国株市場に強気な理由を説明し、大統領選に向けた考え方のヒントを紹介している。

ドル相場の変動に注視すべき:ローレンス・サマーズ

2020/09/14

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、大統領選挙にかかわるリスクにスポットライトを当て、ドル相場の注視を呼び掛けている。

将軍は戦場を見捨てた:ジェフリー・ガンドラック

2020/09/13

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、短期的と断った上でドル高を予想し、同時に株安の可能性が高いと話している。

財政悪化がもたらす低成長とインフレ:アラン・グリーンスパン

2020/09/12

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、米国が直面する重大課題を2つ挙げ、そこから生まれる最大の心配事を語っている。

米国は「債務者の罠」に。これが起こる:レイ・ダリオ

2020/09/11

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、米国が「債務者の罠」に陥っているとし、その解決の過程で起こることを予言している。

金融・経済の乖離には限界がある:モハメド・エラリアン

2020/09/07

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、米経済政策について問題を整理し、厳しい注文をつけている。

ドル時代の終わりを心配している:ジム・ロジャーズ

2020/09/07

ジム・ロジャーズ氏が、米ドルの主要準備通貨としての地位の後退を予想し、最後のドル高のタイミングについて言及している。

まだ心配するほどの下げじゃない:ローレンス・サマーズ

2020/09/06

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、市場や財政について総じて楽天的な見通しを語っている。

雇用統計改善が突きつける政策のジレンマ:モハメド・エラリアン

2020/09/05

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、8月の米雇用統計の結果を受け、金融・財政当局の反応を予想している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。