「 海外経済 」 一覧

年末S&P 500は3,200-3,300:ジェレミー・シーゲル

2020/07/19

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、《永遠のブル》らしい強気トークを披露したが、それにしては年末予想は控えめなものになっている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

必ず審判の日は来る:スコット・マイナード

2020/07/18

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏のBloombergインタビュー後半: 金融政策と企業債務バブルに対する危機感が述べられている。

米ドル

【短信】ユーロ/ドルは12か月で1.25へ:ゴールドマン

2020/07/14

ゴールドマン・サックスが米ドルと米経済への強気スタンスを見直し、対ドルでのユーロや円の上昇を予想している。

【短信】米国株はコロナウィルス前から脆弱:ジェレミー・グランサム

2020/07/14

大手投資会社GMOの共同創業者ジェレミー・グランサム氏が、あらためて米国株市場の割高感を強調し、新興国市場に目を向けるよう促している。

市場も政策も過剰反応する:ローレンス・サマーズ

2020/07/13

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)がコロナ・ショック対策について、まだブレーキに足をのせる段階ではないと釘を刺した。

コロナショックがもたらす功罪:ロバート・シラー

2020/07/11

ロバート・シラー教授の灰色の頭脳から流れ出る、強気でもなく弱気でもなく、目まぐるしく観点を変える語りが面白い。

ハワード・マークス

地獄の恐怖も必要だ:ハワード・マークス

2020/07/11

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏は、FRBの市場救済策がゾンビ企業を温存させていると苦言を呈している。

M1拡大はまだまだ序章にすぎない:ジェレミー・シーゲル

2020/07/10

この数年誰よりも株価上昇を的確に予想しながらメディアで迫害を受けているジェレミー・シーゲル教授が、めげずに強気予想を続けている。

資産価格が上昇する単純なワケ:ロバート・シラー

2020/07/09

ロバート・シラー教授が、現在の市場環境について解説し、株価等を評価する上で従来の単純な見方が必ずしもそぐわないと指摘している。

ジョセフ・スティグリッツ

古臭い小売店は救うな:ジョセフ・スティグリッツ

2020/07/08

ジョセフ・スティグリッツ教授が、コロナ・ショック対応における支援・救済策についてやや意外な注文を付けている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。