「 海外経済 」 一覧

ビットコインじゃないんじゃない:ロバート・シラー

2021/05/24

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル賞を受賞した行動経済学者 ロバート・シラー教授が、住宅・株式・暗号資産の各市場について素朴な質問を受けている。

株とインフレの間には相関はない:マーク・モビアス

2021/05/24

いつも明るい、新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏が、マネーサプライの急拡大を理由にリスク資産の上昇を予想している。

タダ酒は飲み続けるしかないが・・・:モハメド・エラリアン

2021/05/23

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏は、インフレに影響を及ぼす構造変化が見られるとして、インフレを一過性と決めつけるべきでないと話した。 投資家への推奨を求められて語った内容が、なん …

ビットコイン急落の原因と市場への波及:ジェレミー・シーゲル

2021/05/22

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、ビットコインの急落時における市場全体の反応から、強気相場の継続を予想した。

ブラックロック

年内テイパリングも非現実ではない:ブラックロック

2021/05/21

資産運用の世界最大手ブラックロックのラス・ケステリッチ氏は、FRBが年内にテイパリングを始める可能性もないとはいえないと話している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

中央銀行はQEの終わり方を知らない:スコット・マイナード

2021/05/21

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、足元の米インフレ上昇を読み解き、市場の利上げ織り込みが楽観的(あるいは悲観的)すぎると指摘している。

思いもしなかったことが起こりつつある:モハメド・エラリアン

2021/05/20

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏は、最近の米国株の下げの背景にある心理を解説し、FRBの出遅れがもたらす珍しい可能性を指摘している。

ロバート・スキデルスキー

金融政策の不都合な真実:ロバート・スキデルスキー

2021/05/20

ケインズ研究で有名な、経済学者で英上院議員のRobert Skidelsky氏が、金融政策にまつわる建前がなくならない理由を皮肉たっぷりに解説している。

インフレは予想以上に進んでいる:ローレンス・サマーズ

2021/05/17

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、足元のインフレを一過性とするFRBの姿勢について懸念を述べている。

リスナーなら驚かなかったはず:ジェレミー・シーゲル

2021/05/16

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、自身のインフレ予想どおりの展開が進んでいるとし、今後数年高いインフレが続くとの予想を継続した。 ポッドキャストなので顔色はうかがえないが、さぞかしドヤ顔だ …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。