「 海外経済 」 一覧

世界は狂ってしまった:レイ・ダリオ

2019/11/06

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、現状の持続不可能な状況を列挙し、近く大きなパラダイム・シフトが起こると予想した。

AIナラティブがやってくる:ロバート・シラー

2019/11/05

ロバート・シラー教授が「テクノロジー失業」にかかわるナラティブについて心配している。

米景気後退はまだまだ先:アラン・グリーンスパン

2019/11/02

アラン・グリーンスパン元FRB議長によれば、米企業は全体としてはまだデレバレッジを進めており、景気後退を心配する段階にはないのだという。

おまえはもう死んでいる:ピーター・シフ

2019/11/01

ユーロ・パシフィック・キャピタルのピーター・シフ氏が、米市場のバブルはすでに弾け、萎み始めていると話している。

グッゲンハイム

【短信】FRBは信頼を失っている:グッゲンハイム

2019/11/01

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、FRBの金融政策と市場の反応について解説している。

しばらくはインフレは心配ない:J・ブラッドフォード・デロング

2019/11/01

カリフォルニア大学バークレー校のJ・ブラッドフォード・デロング教授が、典型的な金融緩和擁護論を展開している。

次は危機ではなくスクイーズ:レイ・ダリオ

2019/10/31

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、次の景気後退が急激な危機でなくだらだら続くスクイーズになると予想する理由を説明している。

供給ショックの中身を見ろ:ヌリエル・ルービニ

2019/10/31

世界金融危機を予想し《終末博士》とも呼ばれるヌリエル・ルービニ ニューヨーク大学教授が、今回も真っ暗な将来を語っている。

ハワード・マークス

あるべき論と相場は別のモノ:ハワード・マークス

2019/10/30

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、サイクル終期の政策と投資について語っている。

【書評】幻想の経済成長

2019/10/29

『幻想の経済成長』(The Growth Delusion: Wealth, Poverty, and the Well-Being of Nations)はフィナンシャル・タイムズ元東京支局長デイヴ …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。