「 海外経済 」 一覧

巨大な債務トラップの中にいる:デービッド・ローゼンバーグ

2021/05/14

ベア派エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、世界に蔓延するディスインフレを引き起こしている最大の力について持論を展開している。

FRBは急ブレーキを踏むことになるかも:モハメド・エラリアン

2021/05/13

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏は、足元の高い消費者物価上昇率(CPI)について注意して見るべきとしながらも、FRBが後手に回るリスクについて警告している。

スタンリー・ドラッケンミラー流 ドル相場/ファクター解説

2021/05/13

スタンリー・ドラッケンミラー氏が、昨年から今年のドル相場の変化を米国債と米国株の需給の観点から解説している。

アスワス・ダモダラン

【短信】インフレ昂進時に必要な悟り:アスワス・ダモダラン

2021/05/12

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、インフレ昂進時の米国株戦略について語り、株式投資について悟りを開くよう促している。

生産性向上がすべてを変える:バリー・アイケングリーン

2021/05/12

IMFのシニア政策アドバイザーなどを務めたUC Bercleyのバリー・アイケングリーン教授が、パンデミック後の生産性向上の重要性を説き、楽観できない通例を解説している。

インフレ懸念は真摯に受け止めている:ポール・クルーグマン

2021/05/11

ポール・クルーグマン教授が、インフレ論争についてCNNのつまらない質問に答えさせられて、少しかわいそうだ。

弱気の一因は生産性への強気:デービッド・ローゼンバーグ

2021/05/10

ベア派エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、トレードマークのベア・トークを続けている。 ややコンセンサスが片方に寄りすぎているようなきらいがあり、少数派の意見も留意しておこう。

現在はサイクルの6回:ジェレミー・シーゲル

2021/05/10

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、先月初旬に野球にたとえて3回と話していたサイクルの進展度合いを6回に進めている。

停滞かインフレかクラッシュか:ヌリエル・ルービニ

2021/05/09

ヌリエル・ルービニ ニューヨーク大学教授が、米経済にこれから起こりうる3つのシナリオについて話しているが、なんとも終末博士らしくて微笑ましい。

波乱の米雇用統計でFRB現状維持はさらに長く

2021/05/08

7日発表の4月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が266千人増と、市場予想の1百万人増を大きく下回った。 ブラックロックのリック・リーダー氏、アリアンツのモハメド・エラリアン氏のコメントを聞いておこう …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。