「 政治 」 一覧

資本戦争がドル下落の引き金に:レイ・ダリオ

2020/07/27

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、米中間の資本戦争の可能性とドル相場への影響、協調的金融・財政政策について語っている。

インフレ時代に起こるマネーの大移動:レイ・ダリオ

2020/07/25

レイ・ダリオ氏が執筆中の新著『変わりゆく世界秩序』(仮訳)から、前回紹介したニクソン・ショックの後についての描写をいくつか読んでおこう。

大恐慌以来最悪の不況はまだまだ続く:ケネス・ロゴフ

2020/07/21

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、現在は財政政策の手を緩めるべきでないとしつつも、一方で現在の財政支出がフリー・ランチではないと釘を刺している。

戦前ドイツの経済政策と株式市場:レイ・ダリオ

2020/07/21

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が執筆中の新著『変わりゆく世界秩序』(仮訳)から、米帝国の章の前編、第2次大戦までの部分を紹介しよう。

年末S&P 500は3,200-3,300:ジェレミー・シーゲル

2020/07/19

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、《永遠のブル》らしい強気トークを披露したが、それにしては年末予想は控えめなものになっている。

不確実性と織り込み:ジェレミー・シーゲル

2020/07/16

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米大統領・議会選挙に向けた不確実性への対処法について解説している。

大恐慌は良い結果ももたらした:ロバート・シラー

2020/07/15

ロバート・シラー教授が、社会が今後向かう方向性についていくつか明るい可能性に言及している。

市場も政策も過剰反応する:ローレンス・サマーズ

2020/07/13

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)がコロナ・ショック対策について、まだブレーキに足をのせる段階ではないと釘を刺した。

コロナショックがもたらす功罪:ロバート・シラー

2020/07/11

ロバート・シラー教授の灰色の頭脳から流れ出る、強気でもなく弱気でもなく、目まぐるしく観点を変える語りが面白い。

ジョセフ・スティグリッツ

古臭い小売店は救うな:ジョセフ・スティグリッツ

2020/07/08

ジョセフ・スティグリッツ教授が、コロナ・ショック対応における支援・救済策についてやや意外な注文を付けている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。