「 政治 」 一覧

バブル崩壊は大したことじゃない:ポール・クルーグマン

2020/06/17

ポール・クルーグマン教授が、株式市場の「狂気」について書いているが、なんとも不思議な感覚を抱かせる文章になっている。

バイデン勝利で予想される最悪のシナリオ:ヌリエル・ルービニ

2020/06/15

終末博士、ヌリエル・ルービニ ニューヨーク大学教授が、米国の現状について踏み込んだ予想をしている。

フリードマンは近視眼的だった:チューダー・ジョーンズ

2020/06/14

ヘッジ・ファンド業界のベテラン ポール・チューダー・ジョーンズ氏が、進歩しない米国を嘆き、企業のあり方に注文を付けている。

カイル・バスの次のターゲットは香港ドル

2020/06/13

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、香港ドルの米ドル・ペッグが外れることに賭けるファンドを月初からローンチした模様だ。

株価上昇は中銀プットのためではない:ジェレミー・シーゲル

2020/06/12

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、現在コロナウィルスより大きくなったリスクを指摘し、残った割安市場について言及している。

【短信】どの通貨に対するドル安か?:ジェフリー・ガンドラック

2020/06/10

ジェフリー・ガンドラック氏のウェブキャスト第2弾: 長期でのインフレ、次の転換点でのドル安が予想されている。

米国は日本の二の舞になりかねない:ジェフリー・ガンドラック

2020/06/10

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、コロナ・ショックでさらに加速した米国の拡張的金融・財政政策を厳しく批判している。

リーダー不在がもたらす負のスパイラル:ジェフリー・サックス

2020/06/08

コロンビア大学のジェフリー・サックス教授が、米中摩擦・覇権争いとコロナ・ショックからの経済回復について語っている。

【短信】無政府状態、そして独裁へ:レイ・ダリオ

2020/06/05

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、米国における民主主義が危険にさらされていると心配している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

一時的政策ほど恒久的なものはない:スコット・マイナード

2020/06/05

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、FRBの社債市場救済策がかえってリスクをさらに膨張させていると警告している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。