「 政治 」 一覧

災害救助であって刺激策ではない:ケネス・ロゴフ

2021/01/28

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、まだ財政再建を心配するような時期ではないとしながらも、コロナ後に訪れる困難な状況について予想している。

テール・リスクが大きくなっている:ジェフリー・ガンドラック

2021/01/27

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、政策対応に依存しきった経済・市場に内在するリスクについて警告している。

年前半に20%までの調整が入る:バイロン・ウィーン

2021/01/26

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、年初の「びっくり10大予想」を自ら解説し、市場が予想するより大きな調整が年前半に入ると予想している。

ドル円は100円へ、当面は100円割れはない:榊原英資氏

2021/01/24

ミスター円こと榊原英資 元財務官が、日銀の金融政策・為替・日米関係・東京オリンピックと広範な話題について語っている。

すでに経済はかなり良い:バイロン・ウィーン

2021/01/18

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、「びっくり10大予想」の中で一番重要なものを尋ねられ、経済の回復シナリオのイメージを語っている。

通貨安誘導で最も非難されるべき国:ジム・ロジャーズ

2021/01/17

ジム・ロジャーズ氏が、世界各国の為替政策についてコメントし、退任間際の米大統領に辛辣な皮肉を投げかけている。

定額給付は疑問符、インフラ投資を:バリー・アイケングリーン

2021/01/15

IMFのシニア政策アドバイザーなどを務めたUC Bercleyのバリー・アイケングリーン教授が、米国民への定額給付金の効果について疑問視し、インフラ投資を奨めている。

この投資テーマは長く続く:ジェレミー・シーゲル

2021/01/14

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、予想通りに上がり続ける米国株市場について、ご機嫌そうにコメントしている。

テスラやビットコインはバブルだ!:ジェレミー・シーゲル

2021/01/12

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、好調な米市場の背景にあるロジックを解説し、2000年を髣髴とさせる不吉な指摘をしている。

【休憩】とてもいやな2つの韻

2021/01/07

雑談だが、何かとんでもなくいやな感じがこのところ強まっている。(浜町SCI)

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。