「 投資術 」 一覧

何もしないことに耐えろ:ジム・ロジャーズ

2020/02/18

ジム・ロジャーズ氏が、自身の投資スタイルを淡々と説明している。

テスラ株価を正当化するための3条件:アスワス・ダモダラン

2020/02/15

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、キャスターとの意思疎通が難しくなるほど、テスラ株価について辛口なコメントをしている。

バリュー銘柄の2つの要件:リチャード・セイラー

2020/02/07

リチャード・セイラー教授のBloombergインタビュー第2弾: 自身が取り組んできた行動経済学の本質と投資への応用について語っている。

ハワード・マークス

最高のもので損し最低のもので儲ける:ハワード・マークス

2020/01/26

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、他社の教育目的で行われた昨年3月の対談で興味深い昔話を披露している。

群集心理の巻き戻し:ジェフリー・ガンドラック

2020/01/23

ジェフリー・ガンドラック氏のダブルライン・キャピタル開催座談会第2弾:市場の混乱を助長しうる投資家の群集心理について語られている。

アクティプ運用は怠惰で非効率:アスワス・ダモダラン

2020/01/21

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、過去10年の投資環境を回顧し、今後10年の展望を語っている。

ハワード・マークス

ギャンブラーの極意:ハワード・マークス

2020/01/16

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、ギャンブルで勝つための要因分析を示し、それを投資に敷衍している。

債券王の3つの投資哲学:ジェフリー・ガンドラック

2020/01/16

債券王ことダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、あるインタビューで自身の投資哲学と自社の投資検討手順について明かしている。

ガートマン・レター終刊、投資の4つの重要ルール

2020/01/02

コモディティ王デニス・ガートマン氏(69歳)が30年間続けた日刊のニュース・レター「The Gartman Letter」が昨年大晦日に最終号を迎えた。

東京証券取引所アローズ

2020年のQ&A 9題(後編)

2019/12/31

2020年に向けた市場の見方のQ&Aの続き: 2020は買いか売りか、何を買えばいいか。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。