「 投資 」 一覧

アスワス・ダモダラン

アスワス・ダモダランによるFANGAMの株価評価

2022/02/16

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が1年半ぶりにFANGAM(Meta、Amazon、Netflix、Alphabet、Apple、Microsoft)のバリュエーションをアップデートしている …

【短信】景気後退がないなら底は近い:デニス・ガートマン

2022/02/15

デニス・ガートマン氏が米市場の下げについて、景気後退に至らないなら底が近いとの見方を示したが、その前提についてまだ自信がない様子を見せている。

これから起こるサイクル終期へのステップ:エド・ハイマン

2022/02/15

米著名エコノミスト エド・ハイマン氏が、当たるかどうかは別として、傾聴しておくべき昔話をいくつか披露している。

今後10年米国株のリターンはゼロ:ジェレミー・グランサム

2022/02/14

バブルの研究家として有名なGMOのジェレミー・グランサム氏は、ファクターや国により異常なバリュエーション格差があるとし、今後10年の米国株リターンはゼロになると警告した。

新興国市場株をドルコスト平均で:ジェフリー・ガンドラック

2022/02/13

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、金融引き締め加速に備えて、刺激策への依存度の低い市場へ乗り換えるよう奨めている。

これからはデータが決めるが・・・:ジェレミー・シーゲル

2022/02/13

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、3月のFOMCの決定が今後のデータ次第になると解説しつつ、そのデータはFRBが予想するほどには良いものにはならないと予想している。

緊急利上げには血の匂いがたちこめる:モハメド・エラリアン

2022/02/12

アリアンツ経済顧問モハメド・エラリアン氏は、FRBが市場に促されて金融引き締めを急ぎすぎれば、経済や市民の生活が犠牲になると心配している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

3月50 bp利上げに備えよ:スコット・マイナード

2022/02/11

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、FRB利上げ加速に備えるべきと注意を喚起している。

利上げと弱気相場の関係。困難なのは2023年:ジム・ロジャーズ

2022/02/10

ジム・ロジャーズ氏が、強気相場の終了プロセスを解説し、現時点での投資スタンスについて資産クラスごとに明かしている。

アスワス・ダモダラン

リスク/リターンと付き合う際のリスク:アスワス・ダモダラン

2022/02/10

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、金融理論におけるリスクについて正しい理解を促した上で、リスクとの向き合い方を提起している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。