「 投資 」 一覧

テーパリングの条件は整った:モハメド・エラリアン

2021/10/09

アリアンツ経済顧問のモハメド・エラリアン氏が9月の雇用統計を受けて、市場がFRBのテーパリングへの準備を済ませたと話している。

シクリカルと実物資産、60:40ポートフォリオ:PIMCO

2021/10/08

PIMCOのエリン・ブラウン氏は、サイクルが中期から後期へ遷移しつつある段階にあるとし、まだ株式投資が有利な局面だと話している。

過去数年とは異なる環境:モハメド・エラリアン

2021/10/08

アリアンツ経済顧問のモハメド・エラリアン氏が、丁寧に現在の市場環境を解説し、短期・長期別の投資アドバイスを語った。

貪欲な資本市場がインフレを招く:デービッド・アインホーン

2021/10/08

グリーンライト・キャピタルのデービッド・アインホーン氏は、投資家の資本コストの見方、偏った選好が、経済成長やインフレに影響を及ぼしていると指摘する。

サイクルはいつか転換する:デービッド・アインホーン

2021/10/07

グリーンライト・キャピタルのデービッド・アインホーン氏は、2000年のドットコム・バブルを回想し、今それより度を超えたことが起こっていると注意を促している。

【短信】中銀デジタル通貨とイノベーション:ラグラム・ラジャン

2021/10/07

ラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が暗号資産について興味深い発言をしているので紹介しよう。

サイクルはすでに終期だが・・・:ソロス・ファンド

2021/10/06

Soros Fund Managementのドーン・フィッツパトリック氏が、インフレ・金利・サイクルについて語り、いくつか投資家にアドバイスしている。

見当違いな理論が動かす市場でどう投資するか:ロバート・シラー

2021/10/06

資産価格の実証研究で2013年にノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授は、資産価格が高騰する中、それでも予見を持たず対応することが重要と説いている。

バリュー、配当株、実物資産・・・:ジェレミー・シーゲル

2021/10/05

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、現状におけるパンデミック・インフレ・金利の見通しから、いくつか検討すべき投資戦略を解説している。

ドル円が下落を始めるタイミング:佐々木融氏

2021/10/05

JPモルガンの佐々木融氏が、ドル円相場において実質金利差が無視されているように見える現状を説明し、次にドル円が円高方向に転換するタイミングを占っている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。