「 米国債 」 一覧

グッゲンハイム スコット・マイナード

米10年債利回りは-50 bpへ:スコット・マイナード

2020/05/12

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、中央銀行・政府の政策を嘆きつつ、米国にゼロ/マイナス金利がやってくると予想している。

第2次大戦後のブームを彷彿とさせる:ジェレミー・シーゲル

2020/05/10

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、来年以降の株価、金利、インフレについて予想している。

通貨・貨幣システム崩壊の可能性が高まる:レイ・ダリオ

2020/05/09

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が執筆中の新著『変わりゆく世界秩序』(仮訳)の中からの第2章補記「お金、信用、債務、経済活動の大きなサイクル」を紹介しよう。

ウォーレン・バフェットの聴き方:ジェレミー・シーゲル

2020/05/08

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、週次のウェブキャストで先週のバークシャー・ハザウェイ年次総会でのウォーレン・バフェット氏の発言を読み解いた。

中国への罰を負担するのは誰か:ピーター・シフ

2020/05/07

ユーロ・パシフィック・キャピタルのピーター・シフ氏が、米政権が新型コロナウィルスに関して中国を罰しようとしている手法についてコメントしている。

「救済」が生み出す分断と借金:ジェフリー・ガンドラック

2020/05/06

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、FRBによる市場救済や増え続ける国の借金に相変わらず怒っている。

起こりうるのは通貨への疑念:ウォーレン・バフェット

2020/05/05

ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイの年次総会第4弾: 米国債はデフォルトするか、との問いに答えている。

誰がコロナウィルスのつけを払うのか:ジェレミー・シーゲル

2020/04/30

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米政府による3兆ドルの財政出動の負担者について解説している。

米ドル・米市場に留まれ:モハメド・エラリアン

2020/04/28

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏の27日の発言: 米ドル・米市場への強気見通しが語られている。

【短信】再び米国株をショートした:ジェフリー・ガンドラック

2020/04/28

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、米国株について再び底を試しにいくと予想し、再度ショートし始めたと明かしている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。