「 国内経済 」 一覧

消費増税と円安・円高の各シナリオ:加藤出氏

2019/05/16

東短リサーチの加藤出氏が、消費増税を控え、円安・円高で起こる経済へのインパクトを予想している。 物価上昇・為替変動の消費への影響を冷静に分析すると、条件反射的な思い込みは適切でないようだ。

ジョセフ・スティグリッツ

仮想通貨はなくすべき:ジョセフ・スティグリッツ

2019/05/09

ジョセフ・スティグリッツ教授が、暗号資産の根絶を唱えている。 さらに、その先に決済の電子化を進めるよう提言している。

MMT的な金融・財政の協調へ:レイ・ダリオ

2019/05/03

ブリッジウォーターのレイ・ダリオ氏が金融・財政政策とモダン・マネタリー・セオリー(MMT)についてレポートを公表した。 より高い景気刺激策の効果を求めるため、金融・財政政策の協調が企図され、その性格が …

本質的な保護主義の予防法:リチャード・クー

2019/04/30

野村総研のリチャード・クー氏が、自由貿易を守るために必要なことを解説している。 経常収支黒字国の一方的な論理に偏らないスクエアな意見が新鮮だ。

注目されないままに上がっていく社会保険料:小峰隆夫教授

2019/04/28

経済企画庁調査局長などを歴任した小峰隆夫 大正大学教授が、日本経済の5つの不思議を挙げている。 その中で消費税と社会保険料に対する注目度の相違が述べられている。

イノベーションの担い手:矢嶋康次氏

2019/04/27

ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次氏が、日本経済の生産性が低下していると指摘した。 その中で、マクロ経済の担い手について釘を刺している。

米財政拡大がグローバル市場の大混乱に:河野龍太郎氏

2019/04/26

BNPパリバの河野龍太郎氏が、日米経済の停滞の本質を探っている。 その中で、安易な財政拡大のリスクについて整理している。

誰が地銀の収益を奪っているのか:山本謙三氏

2019/04/23

元日銀理事の山本謙三氏が日銀「金融システムリポート」の中身を解説している。 そこには地銀だけに責任を押し付けるべきでない実情が垣間見える。

隅田川はどちらに流れているのか

2019/04/20

4月18日の日本経済新聞のコラム「大機小機」が面白かった。 ペンネーム「隅田川」氏による「平成経済の反省」というコラムだ。(浜町SCI)

マイナス金利が総需要を拡大するかは疑問:ローレンス・サマーズ

2019/04/19

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、マイナス金利政策について言及している。 その中で、同手段の効果自体に大きな疑問を投げかけている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。