「 米国株 」 一覧

業績よりも金融緩和:バイロン・ウィーン

2020/01/12

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、「2020年のびっくり10大予想」を補足する形で、金融政策・株価・選挙について解説している。

列車を降りる時には急落するものだ:ジェレミー・シーゲル

2020/01/11

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、モメンタム主導の市場環境に珍しく危機感を吐露している。

バイロン・ウィーン氏の魔法のDDMテーブル

2020/01/10

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏とジョー・ザイドル氏がウェブキャストで「2020年のびっくり10大予想」を説明した。

日本が確たる証拠なんだ:ジェフリー・ガンドラック

2020/01/09

ジェフリー・ガンドラック氏による1月8日ウェブキャスト第3弾: マイナス金利政策への嫌悪感が語られている。

2000年と同じ意見だ:ジェレミー・シーゲル

2020/01/09

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、力強い上昇を続ける米国株市場についてリスクを検証した。

メルト・アップは1月末まで:ゴールドマン

2020/01/08

ゴールドマン・ サックスのザック・パンドル氏が、米国株市場の見通しとアジアでの投資機会について話している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

【短信】債券はいくらでも生み出せる:グッゲンハイム

2020/01/07

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、債券に弱気、株式や金・銀に強気ととれるツイートをしている。

バイロン・ウィーンの「2020年のびっくり10大予想」

2020/01/07

ブラックストーンが、バイロンR.ウィーン氏による1986年以来35年目となる「2020年のびっくり10大予想」を顧客に送った。

東京証券取引所アローズ

日本株の強気相場はいつまで続く:北野一氏

2020/01/07

SBI証券の北野一氏が6日のテレビ東京番組で、同氏らしい米国視線に乗っ取った2020年予想を語っていた。

米国をいつ減らすの?今減らすの?:モハメド・エラリアン

2020/01/05

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、米市場に対する考え方を時間軸に沿って解説している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。