「 米国債 」 一覧

ブラックロック

米国債を買ってもいいワケ:ブラックロック

2020/06/25

資産運用の世界最大手ブラックロックのリック・リーダー氏が、盛況な株式市場の陰で印象の薄いフィクスト・インカム市場の現在を語っている。

今回は違う理由:ジェレミー・シーゲル

2020/06/23

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、株高、来年の経済ブーム、インフレを予想する理由をマネタリストらしい観点から解説している。

これは正常な利食い:ジェレミー・シーゲル

2020/06/12

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、11日の米国株市場の急落について、早いペースの上昇における「正常な利食い」と解説している。

脱グローバル化で傷つくのはドルとドル資産:ケネス・ロゴフ

2020/06/11

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、米政府が進める閉鎖的な通商政策について、米経済を害するものと批判している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

FRBのとりうる政策:スコット・マイナード

2020/06/10

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、コロナ・ショックによる成長鈍化と財政悪化の中でFRBが採りうる政策について棚卸している。

ウォール街

市場はV字回復を予想しているのか?

2020/06/09

市場がコロナ・ショック前高値に近づくにつれ、ファンダメンタルズとの乖離を指摘する声が弱気派の中で強まってくる。(浜町SCI)

YCCなら米ドルは崩壊へ:マーク・ファーバー

2020/06/02

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏の今月の月例書簡のタイトルは「あなたはレッセフェールの資本家、干渉主義者のどちらとして生きたいか?」というものだった。 この踏み絵に対しては、ほとんどの人が、どち …

借金はその使い道が大切:ローレンス・サマーズ

2020/05/25

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、米債務問題の評価のしかた、財政政策について持論を展開している。

【輪郭】弱気で上がる株式相場

2020/05/24

「The Financial Pointer」をいつも読まれている人なら誤解がないと思うが、今の株式市場への評価について心配なことが1つある。(浜町SCI)

【短信】覇権サイクルとドル相場:レイ・ダリオ

2020/05/23

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が執筆中の新著『変わりゆく世界秩序』(仮訳)の中から「過去500年にわたる大きなサイクル」の一部を紹介しよう。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。