「 米国債 」 一覧

【短信】他人の優しさで成り立っている:ジェフリー・ガンドラック

2024/02/21

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏の最近の発言。 ほぼすべて従前どおり。

【短信】利上げ確率は15%:ローレンス・サマーズ

2024/02/17

ローレンス・サマーズ元財務長官が、次のFF金利変更について小さな確率ながらも利上げの可能性が生じていると語った。

イールドカーブ長短逆転が金融資本主義を破壊する:ビル・グロス

2024/02/06

ビル・グロス氏は、長く続く米イールドカーブ長短逆転について金融資本主義を破壊すると懸念し、ちゃっかりポジションを取っている。

困惑の雇用統計:ジェレミー・シーゲル

2024/02/04

ジェレミー・シーゲル教授が、とても強いと受け取られた2日の米雇用統計の中身について、疑問を呈している。

率直に言ってマグニフィセントワンだ:モルガン・スタンレー

2024/02/02

モルガン・スタンレーのマイク・ウィルソン氏が、日米欧の市場や新興国市場について語っている。 同氏のスタンスもさることながら、話から伺われる市場の雰囲気が興味深い。

【短信】利下げ幅だけでなくタイミング:ビル・グロス

2024/02/01

ビル・グロス氏が30-31日FOMC後、市場が織り込むFF金利についてコメントしている。

【短信】FRBに早期利下げの緊急性はない

2024/01/31

PIMCOのポール・マカリー氏は、FRBの初回利下げを早くて7月と予想している。

【短信】モハメド・エラリアンが予想する今年の綱引き

2024/01/31

アリアンツ主席経済顧問モハメド・エラリアン氏は、現在の米市場がフローにばかり目をやり、ストックの危うさを看過していると指摘している。

ブリッジウォーターが恐れる「完璧」を崩壊させる人気のトリガー

2024/01/28

ブリッジウォーター・アソシエイツのグレッグ・ジェンセン氏がダボス会議で語った話の中にユニークな視点があったので紹介しよう。

ジェレミー・シーゲル教授、「正直になろうよ」と虐められる

2024/01/27

ジェレミー・シーゲル教授のCNBCでの発言のメモ。 教授の発言に従前よりの変化はないが、聴衆の方には少し温度変化があるように感じられる。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。