「 新興国市場 」 一覧

バイロン・ウィーンの2021年のびっくり10大予想

2021/01/05

ブラックストーンが、バイロンR.ウィーン氏による1986年以来36年目となる「2021年のびっくり10大予想」を公表した。 (今年もジョー・ザイドル氏との共同作業。)

2021年にかけて新興国市場にお金が集まる:JPモルガン

2020/12/24

JPモルガンのジェームズ・サリバン氏は、2021年にかけて新興国市場が先進国市場に比べはるかに有望になると話している。

ブラックロック

2021年のためのバーベル・アプローチ:ブラックロック

2020/12/13

資産運用の世界最大手ブラックロックのマイク・パイル氏が、2021年に向けて、米国株、ファクター、日本株、新興国市場などについて同社のスタンスを説明している。

ブラックロック

新たな投資の秩序が運用を変える:ブラックロック

2020/12/09

資産運用の世界最大手ブラックロックが、2021年の世界見通しを公表しているが、そのタイトルが「新たな投資の秩序」とされている。

資産価格が高く見える時の投資物色:マーク・ファーバー

2020/12/08

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、割高に見える市場の中にも多く安い銘柄が存在すると話している。

株価は高いがチャンスはある:マーク・ファーバー

2020/12/01

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、高い株式市場の中にも存在する投資チャンスについて書いている。

ブラックロック

【短信】米国株をオーバーウェイトに引き上げ:ブラックロック

2020/11/25

資産運用の世界最大手ブラックロックが、米国株への投資スタンスをオーバーウェイトに引き上げ、欧州株をアンダーウェイトに引き下げている。

ウォール街

良いニュースが出たら売り抜けろ:バンク・オブ・アメリカ

2020/11/19

バンク・オブ・アメリカのマイケル・ハートネット氏らが、米国株市場の楽観が行き過ぎているとして、ワクチン開発の良いニュースが出てきたところで株を売るよう奨めている。

国際株式をあきらめてはいけない:ジェレミー・シーゲル

2020/11/17

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、明るい笑顔でいつものとおり米国株高・ドル安を予想し、その一方で国際株式(米国以外の株式)への投資を継続するよう奨めている。

【短信】米国株・新興国市場株のねらい目:マーク・モビアス

2020/11/13

マーク・モビアス氏が、新興国市場のアウトパフォーマンスを予想しながらも、自身が行っている米国株投資の中身について明かしている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。