「 中国 」 一覧

長引く貿易戦争の果て:ジム・ロジャーズ

2019/08/09

ジム・ロジャーズ氏がエスカレートする米中摩擦についてコメントした。 米国が中国を為替操作国に認定したのと前後して、人民元は大幅に下落している。

覇権国家・新興国家で分散する:レイ・ダリオ

2019/08/07

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、中国への投資に熱心な理由を語っている。 インタビュアーを務めた同社ストラテジストJim Haskel氏の質問が鋭く、なかなか面白い内容になっている。

【短信】中国がドルを使い果たす:カイル・バス

2019/08/07

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、中国が行っている為替操作について解説した。 マクロのヘッジ・ファンドらしく、劇的なシナリオを示唆している。

【短信】サドがマゾに勝るとは限らない:ローレンス・サマーズ

2019/08/07

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、トランプ政権による中国の為替操作国指定を批判した。 人民元安はトランプ政権自身が生み出しているという。

【書評】米中戦争前夜(グレアム・アリソン 著)

2019/07/25

『米中戦争前夜』はハーバード大学ケネディ行政大学院の初代院長を務めたグレアム・アディソン教授による米中対立の解説と解決法の本。 レイ・ダリオ氏やブラックロックが推奨していた注目の図書だ。(浜町SCI)

金融市場の超長期サイクルと金投資の本質:ジム・ロジャーズ

2019/06/16

ジム・ロジャーズ氏が、大きな金融市場のサイクルについて話している。 現在は困難な時代への入り口であり、投資家は保険としていくらか金をポートフォリオに組み込むよう奨めている。

バリューなら中国関連銘柄:アスワス・ダモダラン

2019/06/02

ニューヨーク大学Aswath Damodaran教授が、今後18か月、米国株市場はボラティリティの高い環境が続くと予想した。 安全な投資は存在せず、バリューを求めるなら火中の栗を拾う覚悟が必要と示唆し …

世界的な景気後退はまだまだ先:ヌリエル・ルービニ

2019/04/17

ヌリエル・ルービニ ニューヨーク大学教授が、当面の金融危機の到来を否定した。 世界的な景気後退についても1年あまりのうちには予想されないという。

金融・財政政策の余地は小さい:アクセル・ウェーバー

2019/04/14

元ドイツの中央銀行総裁・ECB理事で現UBS会長アクセル・ウェーバー氏が、中国・欧州の経済について楽観的見通しを述べた。 ただし、欧州については逆風も多く存在することを認めている。

世界は王様が裸であることを目にする:カイル・バス

2019/03/08

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、中国ショートの根拠と手法について明かした。 あわせて、米市場での戦略にも触れている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。