「 政治 」 一覧

ロバート・シラー教授の本音

2019/10/22

ロバート・シラー教授がメディアではあまり見せない本音を語っている。

ビル・グロスが推奨する3銘柄

2019/10/20

かつて長く債券王と呼ばれたビル・グロス氏が、久しぶりにリラックスした雰囲気の中でテレビ出演している。

世界は大停滞(great sag)にある:レイ・ダリオ

2019/10/18

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、次の景気後退期のありようについて語っている。

単一通貨ユーロ

2%物価目標が醸成する金融危機:ダニエル・グロス

2019/10/18

欧州政策研究センターのDaniel Gros氏は、ECBの2%物価目標が金融政策だけでなく財政政策にまで影響を及ぼしている現状に危機感を呈している。

ブラックロック

日本株はアンダーウェイト継続:ブラックロック

2019/10/16

資産運用の世界最大手ブラックロックが、日本株の外需依存を理由にアンダーウェイトを継続した。

景気後退は恐ろしいものになる:ピーター・シフ

2019/10/15

ユーロパシフィック・キャピタルのピーター・シフ氏が、次の景気後退が悲惨なものになると話している。

ドルは上がらない:バイロン・ウィーン

2019/10/14

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、米国株やドル相場について上値の重さを指摘している。

ブラックロック

ブラックロックの第4四半期見通し

2019/10/10

資産運用の世界最大手ブラックロックが、リスクとチャンスが共存する第4四半期の投資戦略を説明している。

第4四半期は地固め、やや下げる:バイロン・ウィーン

2019/10/04

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、第4四半期の市場と政治を予想した。 S&P 500予想は年初の予想2,850を据え置き、やや弱含みとした。

景気後退を回避するのは政策ではない:モハメド・エラリアン

2019/10/04

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、過度に政策に期待すべきでないと述べている。 景気後退を先延ばしできるとすれば、それは政策ではないのだという。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。