JPモルガン、バイサイドはドル高を予想

Share

JPMorgan Asset Managementによれば、年後半はインフレ上昇によりFRB利上げが進み、ドル高に転じるという。
為替ほかの要因から、株式投資は米市場より日欧の市場が有望だという。
“JPモルガン、バイサイドはドル高を予想” の続きを読む

ピーター・シフ:真の安全資産は円じゃなく金

Share

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏は、金が本格的に上昇を始める時が近づいているという。
米経済の不況入りが近く、FRBが再び金融緩和へと舵を切るとの予想からだ。
“ピーター・シフ:真の安全資産は円じゃなく金” の続きを読む

佐々木融氏:円安が裏切られる材料

Share

JP Morganの佐々木融氏が、足元で緩やかに進む円安ドル高の動きについてコメントした。
現状は円安要因の勝った環境にあるとしながら、円高に切り返す可能性も残っているとし要因を挙げている。
“佐々木融氏:円安が裏切られる材料” の続きを読む

【メモ】日銀が示す円安の本当の理由

Share

6月に日銀より公表されたワーキング・ペーパーに興味深いものがあった。
期間プレミアムの変動がどの程度マクロ経済に影響を及ぼすかを論じたものだが、実務家の興味に沿って別の角度から同論文を眺めてみたい。(浜町SCI)
“【メモ】日銀が示す円安の本当の理由” の続きを読む

バンカメ・メリルリンチ:バーナンキ・ショック再び?

Share

バンカメ・メリルリンチは、FRBがもくろむバランスシート縮小のアジア諸国への影響を試算している。
米金融政策の正常化はアジア諸国のイールド・カーブをスティープ化させ、為替レートへも影響を及ぼすという。
“バンカメ・メリルリンチ:バーナンキ・ショック再び?” の続きを読む

バイロン・ウィーン:それでも日本株は買い、ドルも買い

Share

Blackstone Advisory PartnersのByron R. Wien氏が月例コメンタリーで、欧州出張の内容を紹介している。
この中から取り急ぎ、日本と為替に関する部分を読んでおこう。
“バイロン・ウィーン:それでも日本株は買い、ドルも買い” の続きを読む