「 為替 」 一覧

バイデンが受け継ぐトランプの政策:ヌリエル・ルービニ

2021/08/06

ヌリエル・ルービニ ニューヨーク大学教授が、トランプ・バイデン両政権で受け継がれるネオポピュリズムの金融市場へのインプリケーションを指摘している。

リフレ・トレード、米国債ショート:ブリッジウォーター

2021/08/03

ブリッジウォーター・アソシエイツのグレッグ・ジャンセン氏らは、パンデミック前から経済状況が大きく変化しているとして、リフレ・トレードのチャンスを指摘し、米国債ショートを推奨している。

円が歴史的に割安なわけ:佐々木融氏

2021/07/31

JPモルガンの佐々木融氏は、円が歴史的な割安水準にある理由を議論している。 いろいろインスピレーションを与えるファクト・仮説が含まれている。

【短信】ドルは短期上昇、長期・・・:ジェフリー・ガンドラック

2021/07/19

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、ドル相場について短期・長期の両ホライズンで見通しを語っている。

【データ】通貨別のインフレ差

2021/07/05

国内外の投資利回りを比較する上で重要なインフレの動向について、IMF World Economic Outlook Databaseから抽出した。(浜町SCI)

テクノロジー株は買い時:PIMCO

2021/07/01

PIMCOのエリン・ブラウン氏が、年後半に向けてファクター、インフレ・ヘッジ、新興国市場について投資のチャンスを解説している。

インフレは一過性だが長期では上昇:カイル・バス

2021/06/26

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、米インフレについて、短期でインフレ低下、長期でインフレ上昇を予想している。

【為替】1960年代終わり-1970年代初めに似ている:レイ・ダリオ

2021/06/24

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏は、FRBが金融政策を正常化するのは難しいとして、今後の金融政策・ドル相場が辿る道を暗示している。

テーパートレマーは市場にとっていいこと:ジェレミー・シーゲル

2021/06/20

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、短期的に米国株が売られると予想しながらも、テーパータントラムになるよりよかったと楽観を続けている。

インフレ上昇期に株式はアンダーパフォーム:ブリッジウォーター

2021/06/11

ブリッジウォーター・アソシエイツのレベッカ・パターソン氏が、インフレが持続的になる可能性を指摘し、潜在的なドル安要因を勘案すべきと説いている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。