ジム・ロジャーズ:影響があるのは当たり前

Share

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、中国やアジア新興国への投資について語っている。
中国は有望セクターを挙げ、その他アジアではベトナム・インドネシアなどの国を挙げている。
“ジム・ロジャーズ:影響があるのは当たり前” の続きを読む

ジム・ロジャーズ:よく学び、よく心配し、よく準備しろ

Share

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、従前からの人生最大の危機到来説を繰り返した。
危機から身を守るための方法について、前提から具体策までふんだんにヒントを与えている。
“ジム・ロジャーズ:よく学び、よく心配し、よく準備しろ” の続きを読む

バリー・アイケングリーン:アジア危機のタネ

Share

IMFのシニア政策アドバイザーなどを務めたUC BercleyのBarry Eichengreen教授が、アジア通貨危機から20年を経たところで同危機を振り返っている。
淡々と綴られた論文がサプライズのある結論に導かれており、楽しめる内容となっている。
“バリー・アイケングリーン:アジア危機のタネ” の続きを読む

ケネス・ロゴフ:中国の不況は外国にうつる

Share

Kenneth Rogoffハーバード大学教授が、中国発の不況伝播のリスクに言及した。
経済成長と信用拡大は裏腹の関係にあり、ハードランディング回避の可否は双方のペースの兼ね合いによるという。
“ケネス・ロゴフ:中国の不況は外国にうつる” の続きを読む

榊原英資教授:中国が転べば危機が起こりうる

Share

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授が1997年のアジア通貨危機直後に持ち上がって消えたアジア版IMF(いわゆるアジア通貨基金)構想について回顧している。
FRBの金融引き締めが新興国での通貨危機の引き金になる懸念については、その原因と対応策について話した。
“榊原英資教授:中国が転べば危機が起こりうる” の続きを読む

ジム・ロジャーズ:露・中・日に投資しろ

Share

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、迫りくる危機とそれに備える投資戦略について語った。
その内容から、ロジャーズ氏の確信のようなものが感じられる。
“ジム・ロジャーズ:露・中・日に投資しろ” の続きを読む

レイ・ダリオ:部分最適の弊害が全体を害する

Share

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が、トランプ大統領の行動様式・最近の中国の人民元管理についてコメントしている。
ダリオ氏は今年3月、過去のポピュリズム台頭についての分析を公開している。
“レイ・ダリオ:部分最適の弊害が全体を害する” の続きを読む

バイロン・ウィーン:弱気の日本市場にチャンスが

Share

Blackstone Advisory PartnersのByron R. Wien氏が、月例の市場コメンタリーを公表した。
日本市場のセンチメントの弱さを紹介したほか、中国に高い期待を寄せた。
“バイロン・ウィーン:弱気の日本市場にチャンスが” の続きを読む