「 中国 」 一覧

詐欺発覚にはタイム・ラグがある:ジム・チャノス

2019/11/26

Kynikos Associatesのジム・チャノス氏が、金融詐欺の歴史、中国、テスラ株価について語っている。

貿易戦争、技術戦争、地政学的戦争そして資本戦争:レイ・ダリオ

2019/11/16

中国通、中国政府と親密なことで知られるレイ・ダリオ氏が、準備通貨の変遷を説明し、米中間の資本戦争の可能性を指摘した。

ハワード・マークス

経済は良すぎ、資本市場は寛大すぎる:ハワード・マークス

2019/09/20

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、ディストレスト債投資の現状を率直に語っている。 現在は魚がいない状況だが、この先チャンスも起こりうるという。

米中摩擦でも注目すべき新興国:マーク・モビアス

2019/08/28

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏が、新興国市場投資とESG投資についてコメントしている。 米中摩擦のエスカレートの中でもよい状況にある新興国をいくつか挙げている。

結局は米金利もマイナス圏へ:ケネス・ロゴフ

2019/08/25

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、米中の経済状況、マイナス利回り・マイナス金利政策についてコメントした。 米国においてもそう遠くないうちに金利がマイナスに沈む可能性があるのだという。

貿易戦争から生まれる投資機会:マーク・モビアス

2019/08/10

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏が、米中摩擦、香港デモなどの見方を解説している。 その上で、新興国の中からチャンスとなりうる国をいくつか挙げている。

長引く貿易戦争の果て:ジム・ロジャーズ

2019/08/09

ジム・ロジャーズ氏がエスカレートする米中摩擦についてコメントした。 米国が中国を為替操作国に認定したのと前後して、人民元は大幅に下落している。

覇権国家・新興国家で分散する:レイ・ダリオ

2019/08/07

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、中国への投資に熱心な理由を語っている。 インタビュアーを務めた同社ストラテジストJim Haskel氏の質問が鋭く、なかなか面白い内容になっている。

【短信】中国がドルを使い果たす:カイル・バス

2019/08/07

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、中国が行っている為替操作について解説した。 マクロのヘッジ・ファンドらしく、劇的なシナリオを示唆している。

【短信】サドがマゾに勝るとは限らない:ローレンス・サマーズ

2019/08/07

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、トランプ政権による中国の為替操作国指定を批判した。 人民元安はトランプ政権自身が生み出しているという。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。