「 ケネス・ロゴフ 」 一覧

マイナス金利政策の限界が導き出す為替戦略:PIMCO

2019/12/09

債券ファンド世界大手PIMCOが、マイナス金利政策に対してマイナスの見方を表明し、全米中で高まる反マイナス金利の議論に加わっている。

恐れるべきはリブラでなく中国:ケネス・ロゴフ

2019/11/14

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、中国が計画するデジタル通貨発行について強い危機感を呈している。

債務の長期化は得策ではない:ケネス・ロゴフ

2019/09/16

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、米国の金融・財政政策についてコメントした。 元IMFチーフ・エコノミストにしてチェスの名手の物言いは、とても聡明でゆっくりだが、とても難解だ。

結局は米金利もマイナス圏へ:ケネス・ロゴフ

2019/08/25

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、米中の経済状況、マイナス利回り・マイナス金利政策についてコメントした。 米国においてもそう遠くないうちに金利がマイナスに沈む可能性があるのだという。

ECBは本当に何も持っていない:ケネス・ロゴフ

2019/06/09

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、ユーロ圏の直面する厳しい政策上の限界を指摘している。 景気後退となれば、米国はもちろん日本よりも厳しい状況にさらされるという。

もうデジタル・キャッシュを使っている:ケネス・ロゴフ

2019/05/10

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、マイナス金利政策を有効にするためのデジタル・キャッシュについて考えるべきと説いている。 景気後退期の利下げ余地は乏しく、量的緩和の効果も限界が近いとの背景によるも …

モダン・マネタリー・ナンセンス:ケネス・ロゴフ

2019/03/07

『国家は破綻する』の著書で世界各国の財政政策に大きな影響を与えたハーバード大学 ケネス・ロゴフ教授が、モダン・マネタリー・セオリー(MMT)について論じている。 あわせて、米財政問題への処方箋を解説し …

量的緩和は手品のトリックにすぎない:ケネス・ロゴフ

2019/02/12

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、次の景気後退について心配している。 通常の景気後退となった場合でも、FRBがやれることは多くないという。

金融危機は意外に早く来るかもしれない:ケネス・ロゴフ

2019/02/07

元IMFチーフ・エコノミスト ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、意外に早い金融危機の再来を警告している。 その理由は、金融ではなく政治だ。

中国は趨勢的な低成長経済へ:ケネス・ロゴフ

2019/01/30

元IMFチーフ・エコノミスト ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、2019年の世界経済の見通しを語っている。 中国が最大のリスクである一方、米国は良好な推移が見込まれるという。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。