早川英男氏:正常化すべきは金融でなく財政

Share

元日銀理事の早川英男氏が、遠からず訪れるであろう景気後退期に備えて財政政策にマージンを作っておくべきと主張した。
金融緩和は継続せざるをえないとしたものの、CPI伸び率上昇とともに長期金利ターゲットの再設定(短期化)を行うべきと主張した。
“早川英男氏:正常化すべきは金融でなく財政” の続きを読む

河野龍太郎氏:日銀は財政のサポート役に

Share

BNPパリバの河野龍太郎氏が、中期的な日本銀行の金融政策の方向性について予想している。
メイン・シナリオと2つのリスク・シナリオが呈示されている。
“河野龍太郎氏:日銀は財政のサポート役に” の続きを読む

藤巻健史議員:続ければバブル、止めれば破綻

Share

「オオカミおじいさん」こと藤巻健史参院議員が、1980年代終わりのバブル期を回想している。
物価は上がらなくても資産価格は上昇しており、金融緩和を引きずれば経済・市場を不安定化しかねないという。
“藤巻健史議員:続ければバブル、止めれば破綻” の続きを読む

木内登英氏:もはや効果ある緩和策はない

Share

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、日銀によるイールド・カーブ・コントロール(YCC)の問題点を指摘した。
金融政策はやり尽しており、極端な政策が危機をもたらさないうちに金融政策の正常化を進めるべきと主張している。
“木内登英氏:もはや効果ある緩和策はない” の続きを読む

白井さゆり教授:追加緩和を求める声は皆無

Share

昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、海外の中央銀行・政府・学者の論調を伝えている。
リフレ政策にやり尽し感が高まり、これまでにない幅広い意見が語られるようになってきているのだという。
“白井さゆり教授:追加緩和を求める声は皆無” の続きを読む

【短信】ジム・ロジャーズ:戦争ならコモディティと軍事産業

Share

ジム・ロジャーズ氏が、緊張の度を増す北朝鮮の動向についてコメントした。
米国が北朝鮮を攻撃するようなら、中露が北朝鮮の支持に回るだろうと予想した。
“【短信】ジム・ロジャーズ:戦争ならコモディティと軍事産業” の続きを読む

木内登英氏:国債が枯渇すれば調整が始まる

Share

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、金融緩和を続ける日銀の政策運営に心配を募らせている。
このまま国債買入れを進めれば、来年にも日本発のグローバル・リスクが増大しかねないという。
“木内登英氏:国債が枯渇すれば調整が始まる” の続きを読む

ケネス・ロゴフ:日本は高額紙幣を廃止すべきNo.1の国

Share

現金の呪い-紙幣をいつ廃止するか?』の著書で高額紙幣の廃止を唱えるハーバード大学Kenneth Rogoff教授が、The Japan Newsのインタビューに応じている。
現金大国 日本はこれを実施すべき最適の国であり、大きな恩恵を受けるだろうと指摘した。
“ケネス・ロゴフ:日本は高額紙幣を廃止すべきNo.1の国” の続きを読む