「 新興国市場 」 一覧

6-12か月なら株は買い:ゴールドマン・サックス

2022/05/11

ゴールドマン・サックスのデービッド・コスティン氏、ピーター・オッペンハイマー氏がそれぞれの視点から少々温度差のある発言をしていて興味深い。

【短信】金利上昇を恐れるな:マーク・モビアス

2022/05/07

新興国市場投資の大ベテラン、マーク・モビアス氏は、金融引き締めが進む中でも投資のチャンスは多く存在すると話している。

【短信】ブラジル・インド・台湾に関心:マーク・モビアス

2022/04/13

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏は、最も関心を持っている市場としてインド・ブラジル・台湾を挙げている。

2人の債券王、ジェフリー・ガンドラック、スコット・マイナードの米市場観

2022/03/20

2人の債券王が、米経済・市場の長期見通しについて対照的なシナリオを呈示しているので紹介しよう。

マーク・ファーバー、マーク・モビアスが考える米国株、インド株

2022/03/14

2人のマークお爺ちゃんが、グローバル投資についてそれぞれ異なる観点から興味深い話を語っている。

ジェレミー・シーゲルのバイナリー予想、ジム・ロジャーズの市場急騰予想

2022/03/05

ジェレミー・シーゲル教授のいつにない弱気ぶり、ジム・ロジャーズ氏の《最後のひと上げ》にかける強気ぶりを紹介しよう。

GMOが突きつける暗すぎる投資家の未来

2022/02/28

ジェレミー・グランサム氏率いるGMOによる投資家への警告の続き。 3・4つ目の落とし穴について説明し、投資家に厳しい現実を突きつけている。

米市場が織り込むインフレ、ジェレミー・グランサムのGMOの警告

2022/02/24

債券市場が期待するインフレ率(ブレークイーブン・インフレ率)とジェレミー・グランサム氏率いるGMOによる投資アドバイスを紹介しよう。

【短信】日本、英国、新興国、バリュー:ジェレミー・グランサム

2022/02/22

バブルの研究家として有名なGMOのジェレミー・グランサム氏が、「スーパーバブル」崩壊に備える投資術を教えている。

新興国市場株をドルコスト平均で:ジェフリー・ガンドラック

2022/02/13

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、金融引き締め加速に備えて、刺激策への依存度の低い市場へ乗り換えるよう奨めている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。