「 投資 」 一覧

東京証券取引所アローズ

【輪郭】日本固有の景気後退・弱気相場の可能性

2020/01/01

新年1つ目にしては少々景気の悪い話題になるが、日本の経済・市場が独自に抱えるリスクについておさらいしておきたい。(浜町SCI)

東京証券取引所アローズ

2020年のQ&A 9題(後編)

2019/12/31

2020年に向けた市場の見方のQ&Aの続き: 2020は買いか売りか、何を買えばいいか。

ウォール街

2020年のQ&A 9題(前編)

2019/12/31

2020年に向けて、市場の見方を弊社(浜町SCI)調査部 山田が一問一答で解説しています。

グッゲンハイム スコット・マイナード

景気後退を回避した代償:グッゲンハイム

2019/12/28

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、米債券市場が織り込む非対称なリスクを解説している。

数年で信じがたいことが起こる:ジェフリー・ガンドラック

2019/12/28

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏のプレゼン第2弾: ドル安予想と債務残高について語られている。

米長期金利上昇を予想するワケ:ジェフリー・ガンドラック

2019/12/27

今月10日に行われたジェフリー・ガンドラック氏による投資家向けプレゼンのハイライトをダブルライン・キャピタルがツイートしている。

ジム・オニール

【短信】2020年の新興国市場を決める3つの条件:ジム・オニール

2019/12/27

BRICsの生みの親ジム・オニール氏が、2020年の新興国市場を占っている。

ショック次第で危機は待ったなし:スティーブン・ローチ

2019/12/26

元モルガン・スタンレー・アジア会長スティーブン・ローチ氏が、ひどく暗い2020年を予想している。

2020年前半5-10%の調整へ:ウェルズ・ファーゴ

2019/12/26

ウェルズ・ファーゴのクリス・ハーベイ氏が、大きく楽観に振れた市場心理について心配している。

2020年も米国株は順調、低金利が続く:バイロン・ウィーン

2019/12/25

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、来年の米国株市場について強気の見方を示し、物色のしかたを説明している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。