「 投資 」 一覧

年末S&P 500は3,200-3,300:ジェレミー・シーゲル

2020/07/19

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、《永遠のブル》らしい強気トークを披露したが、それにしては年末予想は控えめなものになっている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

必ず審判の日は来る:スコット・マイナード

2020/07/18

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏のBloombergインタビュー後半: 金融政策と企業債務バブルに対する危機感が述べられている。

【短信】コロナ後、利益率は高まる:ジェレミー・シーゲル

2020/07/18

ジェレミー・シーゲル教授の7月13日ウェブキャスト第3弾: コロナ危機後には米大手企業の利益率は高まると予想している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

株はFRBの関数、上がる:スコット・マイナード

2020/07/17

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、米国株市場のさらなる上昇を予想せざるをえないと話している。

テスラは自動車業界のアップル:ジェレミー・シーゲル

2020/07/17

ジェレミー・シーゲル教授の7月13日ウェブキャスト第2弾: 上昇を続けるテスラ株について、強気の見方が述べられている。

不確実性と織り込み:ジェレミー・シーゲル

2020/07/16

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米大統領・議会選挙に向けた不確実性への対処法について解説している。

中身を理解せずに判断する方法:ロバート・シラー

2020/07/16

ロバート・シラー教授が、コロナ・ショックを例にとって、市場がニュースに反応するプロセスについて解説している。

グロース株を押し上げた本当の原因:ビル・グロス

2020/07/15

かつて債券王と呼ばれ債券市場に君臨したビル・グロス氏が久しぶりに、しかも株式市場について金利を核とする説明をしている。

米ドル

【短信】ユーロ/ドルは12か月で1.25へ:ゴールドマン

2020/07/14

ゴールドマン・サックスが米ドルと米経済への強気スタンスを見直し、対ドルでのユーロや円の上昇を予想している。

【短信】米国株はコロナウィルス前から脆弱:ジェレミー・グランサム

2020/07/14

大手投資会社GMOの共同創業者ジェレミー・グランサム氏が、あらためて米国株市場の割高感を強調し、新興国市場に目を向けるよう促している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。