「 投資 」 一覧

ハワード・マークス

高リターンを目指す時の前提とは:ハワード・マークス

2019/12/05

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、投資家に見られる安易なイールド・ハンティング(利回り追求)に注意喚起している。

利回り低下が指し示す来年の注目セクター:ジェレミー・シーゲル

2019/12/04

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米中貿易摩擦と来年の有望セクターについてコメントしている。

マーク・ファーバー氏が下した株式のジレンマの中での決断

2019/12/04

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が月例書簡で、謙虚さについての2人の人物の言葉を紹介している。

米市場・米ドルの時代は終わる:ジェフリー・ガンドラック

2019/12/03

新債券王ことダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、次の景気後退で様変わりする世界の投資環境について予想した。

CLOは第2のサブプライムになるか:ロバート・カプラン総裁

2019/12/03

ダラス連銀のロバート・カプラン総裁が、足元の米経済が堅調であるとした上で、将来のリスクについて言及している。

ジム・オニール

数か月すれば市場で明らかになる:ジム・オニール

2019/12/02

元Goldman Sachs Asset Management会長ジム・オニール氏が、好調に見える米経済・市場の危うさについて警告している。

ウォール街

【グラフ】米国株市場が盛り上がっている本当のワケ

2019/12/01

株式市場についての日米間の温度差が際立っているが、なんでアメリカ人はあんなに能天気でいられるのだろう。(浜町SCI)

【短信】来年のドル円も105-110円のレンジ相場:榊原英資教授

2019/11/30

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授が、2020年のドル円相場の見通しを1ドル105-110円のレンジとし、一時100円に近づく局面もあると予想している。

ダウ平均30,000へ:ジェレミー・シーゲル

2019/11/30

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、ダウ平均30,000を予想している。

【短信】米市場は2020年ウームフを失う:ビル・グロス

2019/11/29

ビル・グロス氏が、来年の米株式・債券市場について「oomph」(活気)を失うと、やや弱気の予想を述べている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。