「 投稿者アーカイブ: 」 一覧

【書評】経済の大転換と日本銀行

2020/01/02

元日本銀行金融研究所所長、翁邦雄 京都大学教授による量的緩和論。 (この書評記事は当初2015年に浜町SCIコラムに掲載されたものです。未掲載の書評のうち現在でも有用と思われるものを厳選し再掲しました …

東京証券取引所アローズ

【輪郭】日本固有の景気後退・弱気相場の可能性

2020/01/01

新年1つ目にしては少々景気の悪い話題になるが、日本の経済・市場が独自に抱えるリスクについておさらいしておきたい。(浜町SCI)

ウォール街

2020年のQ&A 9題(前編)

2019/12/31

2020年に向けて、市場の見方を弊社(浜町SCI)調査部 山田が一問一答で解説しています。

【書評】日本経済の呪縛-日本を惑わす金融資産という幻想

2019/12/29

ニッセイ基礎研の櫨浩一氏によるストックにまつわる経済書。 バランスのよくとれた良書である。(浜町SCI) (この書評記事は当初2014年に浜町SCIコラムに掲載されたものです。未掲載の書評のうち現在で …

ウォール街

【グラフ】米国株市場が盛り上がっている本当のワケ

2019/12/01

株式市場についての日米間の温度差が際立っているが、なんでアメリカ人はあんなに能天気でいられるのだろう。(浜町SCI)

【輪郭】経済学が教える合理的選択

2019/11/19

先日ロバート・シラー教授の講演ビデオを見ていて、素朴に感じたことがある。(浜町SCI)

【書評】幻想の経済成長

2019/10/29

『幻想の経済成長』(The Growth Delusion: Wealth, Poverty, and the Well-Being of Nations)はフィナンシャル・タイムズ元東京支局長デイヴ …

【書評】日本のマクロ経済政策

2019/10/28

『日本のマクロ経済政策: 未熟な民主政治の帰結』は、熊倉正修 明治学院大学教授による、日本のマクロ経済政策、結果的に主に異次元緩和やアベノミクスに対する批判を書き連ねた本。(浜町SCI)

【輪郭】「リスク・オフの円安」になる時

2019/10/03

市場関係者の中で、円高が思ったほど進まない現状に首を捻る声が聴かれるようになった。 少々気が早すぎるような印象もあるが、ポイントをおさらいしよう。

【休憩】ええ? 10月から床屋代が倍に??

2019/09/30

先日、ちょっと驚くことがあった。 この10月1日から行きつけの1,000円床屋が2,000円に価格改定するというのだ。(浜町SCI)

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。