「 月別アーカイブ:2019年08月 」 一覧

大統領は景気サイクルをずらそうとしている:ジェフリー・ガンドラック

2019/08/31

債券王ことダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、トランプ大統領の再選戦術を勘ぐった。 景気サイクルをずらすことで、自身の再選に有利に働かせようとしているとの読みだ。

【書評】世界経済の大潮流(水野和夫著)

2019/08/31

元三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフエコノミスト水野和夫氏による経済書。 成長への呪縛を解き放つべきとの主張が印象的だ。 (この書評記事は当初2013年に浜町SCIコラムに掲載されたものです。未 …

レイ・ダリオの正しい読み方

2019/08/30

レイ・ダリオ氏のブリッジウォーター・アソシエイツのアクティブ・ファンドが苦戦している。 その苦戦の原因が、なんともダリオ氏らしからぬものなのだ。

ジョセフ・スティグリッツ

CEOの本気度を監視せよ:ジョセフ・スティグリッツ

2019/08/30

ジョセフ・スティグリッツ教授が、米企業が見せるステークホルダー重視の姿勢に注目している。 株主至上主義からの変化を歓迎しつつも、慎重な見定めが必要と書いている。

【書評】熱狂、恐慌、崩壊-金融危機の歴史(原著第6版)

2019/08/29

『熱狂、恐慌、崩壊 – 金融危機の歴史』(原著第6版) はMIT教授・アメリカ経済学会会長などを歴任したチャールズ・キンドルバーガーらによるバブルと金融危機についての古典的著作。 第6版の …

レイ・ダリオの長期サイクル終期の投資方程式

2019/08/29

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、足元の投資環境をおさらいしている。 現在は1930年代終わりに似ているとし、債券・金が買われるのは当然と説いている。

景気後退とは治療、受け入れろ:ピーター・シフ

2019/08/29

ユーロパシフィック・キャピタルのピーター・シフ氏が、金相場や金融政策についていつもの主張を繰り返している。 今回はとりわけ同氏のインチキっぽさ、鋭さが際立つ内容となっている。

【短信】ジェフリー・ガンドラックのつぶやき

2019/08/28

債券王ジェフリー・ガンドラック氏が、いくつか他愛もないことをつぶやいている。 相場を語らない債券王は何を意味しているのか。

米中摩擦でも注目すべき新興国:マーク・モビアス

2019/08/28

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏が、新興国市場投資とESG投資についてコメントしている。 米中摩擦のエスカレートの中でもよい状況にある新興国をいくつか挙げている。

中国人民元

多極化した世界には合成基軸通貨が必要:カーニーBOE総裁

2019/08/28

マーク・カーニーBOE総裁が、複数通貨から合成されるデジタル通貨を基軸通貨とすべきと提案した。 多極化する世界経済が米ドルの影響を受けすぎているとの考えだ。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。