「 月別アーカイブ:2018年03月 」 一覧

ボスティック総裁:次は量的緩和に頼りたくない

2018/03/31

アトランタ地区連銀のRaphael Bostic総裁が、物価目標を引き上げるべきとの意見について、そのロジックを解説している。 現状のFRB金融政策からすればピンとこない主張だが、次の景気後退期まで考 …

エラリアン:ボラティリティのタネが増えた

2018/03/30

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、テクノロジー・セクターの大きな変化を予想している。 同セクターの変化が現在の市場の変化をさらに大きくするという。

ピーター・シフ:カエルはゆっくり茹でろ

2018/03/30

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏は、米国株市場がすでに弱気相場入りしたと見ている。 投資家を茹でガエルに見立て、注意を喚起している。

クルーグマン:金融緩和を継続せよ

2018/03/29

ポール・クルーグマン教授が金融政策の方向性についての議論を蒸し返している。 教授はいつか、この議論で宿敵トランプ大統領と意気投合するかもしれない。

ジャネット・イエレン:金融・財政政策の前提

2018/03/29

FRB議長職から退任したジャネット・イエレン氏がペンシルベニア大学ウォートン校でジェレミー・シーゲル教授のインタビューを受けている。 マクロ経済政策について学者らしい理屈っぽい話を語っている。

ピーター・シフ:米市場はすでに弱気相場入り

2018/03/29

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏は、米国株市場がすでに弱気相場入りしたと見ている。 ダウ平均が20,000を切るようになると、FRBが市場救済のため金融緩和に転じる …

マーク・ファーバー:株価上昇のエッセンス

2018/03/28

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、株価の大幅下落のリスクを警告している。 一方で、株価上昇の要件についても言及しており興味深い。

藤巻健史議員:頭のいい黒田総裁はわかっている

2018/03/28

参議院予算委員会で26日、藤巻健史参院議員が黒田日銀総裁らに質問をしている。 その答弁がなんとも心が無いと感じられ、悲しいものだった。

佐々木融氏:恐怖感で隠されたファンダメンタルズ

2018/03/28

JP Morganの佐々木融氏が珍しくとても感覚的なコラムを書いている。 さしたる具体的根拠もなく《なんとなく予感がする》といったトーンで書かれており微笑ましい。

スティーブン・ローチ:中国が米国債を売ると・・・

2018/03/27

元モルガン・スタンレー・アジア会長Stephen Roach氏は、米中貿易摩擦に米国債というトピックが加わる可能性を指摘している。 米国が無理を言い続ければ、《米国債はもう買わない、売る》との脅しが中 …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。