「 佐々木融 」 一覧

【書評】インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?

2019/09/09

JP Morganの佐々木融氏によるリフレ政策のわかりやすい解説書。 「デフレ脱却をめぐる6つの疑問」という副題がついている。(浜町SCI) (この書評記事は当初2013年に浜町SCIコラムに掲載され …

円高になりにくくなっているのだから・・・:佐々木融氏

2019/05/19

JP Morganの佐々木融氏が日本銀行に、円相場の構造変化にも配慮した政策運営を求めている。 日銀は金融政策正常化による円高を過大に懸念しているという。

ドル円は114円台の円安ドル高に:佐々木融氏

2019/05/08

JP Morganの佐々木融氏・石川真央子氏は、海外に向かうジャパン・マネーが円安を生むと予想している。 両氏によれば、国内投資家が保有する国債が今年度中に償還を迎える額は44兆円に上るという。

【ドル円】日銀の買入れ減額は円高とはならない:佐々木融氏

2019/04/22

JP Morganの佐々木融氏が、日銀が金融緩和を縮小しても円高とならない可能性を示唆している。 追加緩和で円高が進んだ2016年1月を挙げ、その逆が起こりうると予想した。

ドル円相場-円高ドル安を見込むのはまだ早い:佐々木融氏

2019/03/27

JP Morganの佐々木融氏が、米イールド・カーブの一部長短逆転にコメントした。 今回の逆転はだましの可能性もあるとし、仮に景気後退が来る場合でも急いで円を買うのは早計と話した。

佐々木融氏が語らない追加緩和で円高のワケ

2019/03/23

JPモルガンの佐々木融氏が、ニューヨークでの投資家訪問の様子を紹介している。 それもとても興味深いのだが、それ以上に、ある一節が興味を引いた。

円高が進みにくくなったワケ:佐々木融氏

2019/01/30

JPモルガンの佐々木融氏が、以前に比べて容易に円高が進みにくくなった為替相場について解説している。 背景には日本経済の大きな構造変化が存在するという。

短期、長期、超長期の円相場予想:佐々木融氏

2018/12/28

JP Morganの佐々木融氏が、平成の30年のドル円相場を振り返った。 短期、長期、超長期の予想が述べられており興味深い。

【グラフ】実質FF金利と景気後退

2018/11/21

JP Morganの佐々木融氏が実質(インフレ調整後)のFF金利と景気後退の傾向について一言語っていた。 興味深い観察であり、データで検証しておこう。

佐々木融氏:ドル安・円安の同時進行

2018/11/10

JP Morganの佐々木融氏が、米中間選挙の結果を総括し、今後の市場見通しを書いている。 日米TAGにおける為替条項は「日本の為替政策や金融政策の手足を縛るようなものではない」という。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。