「 アラン・グリーンスパン 」 一覧

【短信】米でもマイナス利回りの可能性:アラン・グリーンスパン

2020/03/09

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、米金利の先行きについてコメントしている。

このままならインフレは上昇へ:アラン・グリーンスパン

2019/12/19

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、トランプ大統領のFRB批判、低成長、株価の決定要因などについて話している。

米景気後退はまだまだ先:アラン・グリーンスパン

2019/11/02

アラン・グリーンスパン元FRB議長によれば、米企業は全体としてはまだデレバレッジを進めており、景気後退を心配する段階にはないのだという。

米市場へのマイナス金利上陸は時間の問題:アラン・グリーンスパン

2019/09/06

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、金融政策における資産効果の重要性を繰り返した。 また、米国にもマイナス金利が広まるのは時間の問題と話している。

時間選好はいつか戻る:アラン・グリーンスパン

2019/08/14

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、米国債利回りがマイナスになる可能性に言及している。 米金利が低下を続ける理由を説明しているが、その内の1つが新鮮で興味深い。

物価目標を堅持せよ:渡辺努教授

2019/08/05

東京大学の渡辺努教授が、物価目標を堅持すべきと主張している。 アラン・グリーンスパン元FRB議長の言を引き、デフレが企業の活力を奪うと主張している。

物価目標は役割を終えた:ジェフリー・フランケル

2019/07/29

クリントン政権で大統領経済諮問会議委員を務めた、ハーバード大学ケネディ・スクールのジェフリー・フランケル教授が、2%物価目標の位置づけを後退させるよう主張している。 雇用と経済を見る限り金融緩和の目的 …

大きなマイナスの可能性を抑え込め:アラン・グリーンスパン

2019/07/26

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、予想されるFOMCの「保険的利下げ」についてコメントした。 自身がFRB議長時代も何度も同種の利下げを実施したと話している。

経済回復は短期的、直に悪化する:アラン・グリーンスパン

2019/04/16

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、米経済について悲観的な見通しを語っている。 足元の堅調は一時的な資産効果にすぎないものだという。

外国為替市場を閉鎖しないといけない:アラン・グリーンスパン

2019/03/04

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、現行の計量経済モデルの限界を指摘している。 また、米政界で流行りのMMTについても質問を受けた。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。