河村小百合氏:量的緩和の行きと帰りは一体のもの

日本総合研究所の河村小百合氏が、日銀の出口戦略への不満を募らせている。
「不都合」がともなう出口の過程について、早いうちから国民・市場と認識を共有しておくべきという。
“河村小百合氏:量的緩和の行きと帰りは一体のもの”の続きを読む

デニス・ガートマン:恐怖指数の読み方

コモディティ王デニス・ガートマン氏が、近日上昇しているシカゴ恐怖指数についてコメントした。
米国株市場は依然強気相場としながらも、VIX上昇を株価上昇と考えるのは早計と語った。
“デニス・ガートマン:恐怖指数の読み方”の続きを読む

佐々木融氏:利上げしても長期金利は上がらない

JP Morgan佐々木融氏が、日米長期金利の動きからドル円相場を占う考え方の欠陥を指摘した。
今後は2年物金利差の方が有用になるとしたほか、政治要因が金利差を上回る可能性もあるという。
“佐々木融氏:利上げしても長期金利は上がらない”の続きを読む

バイロン・ウィーンのラジカルなポートフォリオ

バイロン・ウィーン氏が、Blackstoneのウェブキャストで「『ラジカル』な資産配分」を提案した。
機関投資家からすれば思い切った配分になっており、そこからウィーン氏の先行き予想が見て取れる。
“バイロン・ウィーンのラジカルなポートフォリオ”の続きを読む

沼波正氏:QQEによってデフレ犯人説は否定された

日銀で国際局長などを歴任した沼波正氏が、量的質的金融緩和政策と日銀の姿勢について厳しく批判している。
経済停滞デフレ犯人説は否定されたとし、日銀に誠実なコミュニケーションを求めている。
“沼波正氏:QQEによってデフレ犯人説は否定された”の続きを読む

ビル・グロス:市場のロジックはタイム・フレームで変わる

債券王ビル・グロス氏は、3月の米雇用統計を悪い数字としながらも、金利への影響は限定的と答えている。
シリア爆撃などに象徴される政治リスクが高まる局面では、長期的には債券に不利・株式に有利になると語った。
“ビル・グロス:市場のロジックはタイム・フレームで変わる”の続きを読む

レイ・ダリオ:投資戦略は失敗から生まれる

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が、自分を変えた出来事と投資戦略の考え方を明かした。
投資戦略は間違いを反省することから始まるといい、そのプロセスを語っている。
“レイ・ダリオ:投資戦略は失敗から生まれる”の続きを読む

【グラフ】日本株CAPEが役に立たないワケ

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が開発した「シラーのCAPE」。
教授は米国株について有用性が高いと胸を張るが、では日本株ではどうだろう。(浜町SCI)
“【グラフ】日本株CAPEが役に立たないワケ”の続きを読む