すべての記事

ロバート・シラー:バイラルは突然に訪れる

Share

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、マーケット・タイミングの難しさを語っている。
市場の調整はすぐ来るかもしれないし、まだ数年先かもしれないという。
“ロバート・シラー:バイラルは突然に訪れる” の続きを読む

カイル・バス:パッシブ運用へのシフトの本当の意味

Share

2007-08年の住宅バブル崩壊を言い当て脚光を浴びたHayman Capital ManagementのKyle Bass氏が、不気味なまでに順調な市場について警戒している。
時期こそ予想しないものの、バス氏の予想には少なくとも一面の真実を含む単純明快な論理が込められている。
“カイル・バス:パッシブ運用へのシフトの本当の意味” の続きを読む

マーク・ファーバー:ブラック・マンデーと現在の比較

Share

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、ブラック・マンデーのあった1987年と現在を比較した。
テクニカルには現在の方がいいものの、ファンダメンタルズは悪く、恐怖指数VIXのショートに気をつけるべきと話した。
“マーク・ファーバー:ブラック・マンデーと現在の比較” の続きを読む

ロバート・シラー:金はバブルだ

Share

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、通貨としての金とビットコインの可能性を比較している。
ビットコインには熱狂があるとしたものの、金の方に優位性を感じているようだ。
“ロバート・シラー:金はバブルだ” の続きを読む

ジョージ・ソロス、約2兆円相当を慈善団体へ寄付

Share

伝説のヘッジ・ファンド・マネージャー ジョージ・ソロス氏が180億ドル(約2兆円)を自身が理事長を務める慈善財団に寄付したことが明らかになった。
この寄付により、同財団はビル・ゲイツ夫妻の財団についで全米で2番目に大きな慈善財団となる。
“ジョージ・ソロス、約2兆円相当を慈善団体へ寄付” の続きを読む

クルーグマン、マーク・ファーバーに牙をむく

Share

ポール・クルーグマン教授が、マーク・ファーバー氏をやり玉に上げた。
クルーグマン教授らしい子供っぽい口喧嘩なのだが、背景にはいくつの問題が潜んでいる。
“クルーグマン、マーク・ファーバーに牙をむく” の続きを読む

【輪郭】リスク分散のキホンのキ

Share

株式市場の好調が続いたせいか、最近個人投資家のリスク分散について話す機会が重なった。
金融機関に務める複数の方から、ご個人の投資について個人的アドバイスを求められるといった具合だ。(浜町SCI)
“【輪郭】リスク分散のキホンのキ” の続きを読む

エラリアン:市場が織り込む3つのシナリオ

Share

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、楽観的な市場心理を分析している。
市場の心理は(相反しない)3つのシナリオを思い描き、実現するのを待っているのだという。
“エラリアン:市場が織り込む3つのシナリオ” の続きを読む

ベン・バーナンキ:中央銀行に残された手段

Share

ベン・バーナンキ前FRB議長が「一時的な物価水準目標」の採用を提言している。
利下げ余地のない中で不況がやってくれば、FRBには新たな金融政策手段が必要になるというもの。
“ベン・バーナンキ:中央銀行に残された手段” の続きを読む