「 米国株 」 一覧

グッゲンハイム スコット・マイナード

株は少なくとも3月末までは青信号:スコット・マイナード

2021/01/16

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、マクロ経済政策の見通しから、ビットコインに慎重、株式に強気なスタンスを語っている。

インフレのレジーム変化:ジェフリー・ガンドラック

2021/01/14

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、米インフレのゆくえ、米国株の相対的魅力度について語っている。

この投資テーマは長く続く:ジェレミー・シーゲル

2021/01/14

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、予想通りに上がり続ける米国株市場について、ご機嫌そうにコメントしている。

テスラやビットコインはバブルだ!:ジェレミー・シーゲル

2021/01/12

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、好調な米市場の背景にあるロジックを解説し、2000年を髣髴とさせる不吉な指摘をしている。

米パッシブ投資に黄信号が点灯:モハメド・エラリアン

2021/01/12

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、米市場に心配な兆しが見えているとし、単純なパッシブ投資を続けることのリスクが高まっていると話している。

トレンドが1つ1つひっくり返っている:ジェフリー・ガンドラック

2021/01/12

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、現在市場で起こりつつある変化を指摘し、投資に与えるインパクトを検討するよう促している。

押し目買いの軍資金を持っておけ:デービッド・ローゼンバーグ

2021/01/12

弱気派エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、現株価倍率を「バカげた」水準とし、指数などは買わず現金を持つことを奨めている。

市場は割高、危険領域にある:バイロン・ウィーン

2021/01/10

ブラックストーンのバイロンR.ウィーン氏が、「2021年のびっくり10大予想」で予想した米国株市場の調整の理由を解説している。 (本ビデオは当初7日公表の予定だったが、ワシントンでの暴動を受けて延期。 …

私は現金で持っている:モハメド・エラリアン

2021/01/09

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、潔いまでに慎重な投資姿勢を語り、相対的な考え方の危うさを指摘している。

巨大バブル、幸運を祈る!:ジェレミー・グランサム

2021/01/08

大手投資会社GMOの共同創業者ジェレミー・グランサム氏が、現在の市場を「金融史に残る巨大バブル」だと評した。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。