「 米国株 」 一覧

FRBの出遅れは解消されず:モハメド・エラリアン

2022/01/27

アリアンツ経済顧問モハメド・エラリアン氏は、25-26日のFOMCとその後の記者会見について、FRBの出遅れが挽回されなかったと批判した。

10%下落なら押し目買いスタート:モルガン・スタンレー

2022/01/27

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントのアンドルー・スリモン氏が、米国株市場の押し目買いの水準、新興国市場との相対的魅力度について語っている。

サイクルの異なる局面に入った:レイ・ダリオ

2022/01/26

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、現在の弱い相場について売りか買いかとの直截的な質問に答えている。

インデックスを買い、バカげた銘柄を売る:ジム・チャノス

2022/01/26

キニコス・アソシエイツのジム・チャノス氏が、米市場の混乱の中身を見て、自社の戦略への自信を強めいている。

NASDAQはまだ10-15%下げる:ジェレミー・シーゲル

2022/01/25

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が《永遠のブル》の看板をしまい、NASDAQについて弱気相場入りを予想している。

ジェレミー・シーゲルにもついに弱気の風が・・・

2022/01/24

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、今年S&P 500が上昇で終える可能性をいい続けているが、その内容はやや限定的なものに変わりつつある。

アスワス・ダモダラン

グロースのテック株は最も打撃を受ける:アスワス・ダモダラン

2022/01/22

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、調整入り間際の米市場について金利と下落幅のイメージを語っている。

スーパーバブル崩壊には新興国・日本:ジェレミー・グランサム

2022/01/21

バブルの研究家として有名なGMOのジェレミー・グランサム氏は、米国株市場の50%下落が時間の問題だとし、投資先として新興国市場や日本のような割安な先進国のバリュー株を奨めている。

アスワス・ダモダラン

【短信】年初S&P 500の理論値は4,320:アスワス・ダモダラン

2022/01/21

《バリュエーション学長》の異名をとるアスワス・ダモダラン教授が、1月1日時点でのS&P 500の理論価格を計算し公表している。

東京証券取引所アローズ

【解題】やっぱり当面「現金はゴミ」ではないのだろう

2022/01/20

このところ、短中期的には「現金はゴミ」でないように思うことが多くなってきた。(浜町SCI 1月19日)

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。