「 日本国債 」 一覧

アインホーン、おまえもか!?

2020/08/06

グリーンライト・キャピタルのデービッド・アインホーン氏が、珍しく大きなマクロのポジションをとったと明かしている。

社会内だけでなく世代間の公平を:ラグラム・ラジャン

2020/08/05

IMFチーフエコノミスト、インド中銀総裁を歴任したラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が、コロナ・ショック対策の財政出動について、世代間の公平という観点から精査すべきと述べている。

【輪郭】弱気で上がる株式相場

2020/05/24

「The Financial Pointer」をいつも読まれている人なら誤解がないと思うが、今の株式市場への評価について心配なことが1つある。(浜町SCI)

通貨・貨幣システム崩壊の可能性が高まる:レイ・ダリオ

2020/05/09

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が執筆中の新著『変わりゆく世界秩序』(仮訳)の中からの第2章補記「お金、信用、債務、経済活動の大きなサイクル」を紹介しよう。

やっぱり現金はゴミだ:レイ・ダリオ

2020/04/09

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が「現金はゴミ」説を堅持している。

レイ・ダリオのメイン・シナリオ

2020/03/24

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、直面する2つの危機のジレンマについて説明しており、明確化のため重複を恐れず紹介しよう。

【仮説】なぜもっと円高にならないのか?

2020/03/03

以前、リスク・オフの円高はまだ続いていると書き、それは正しかったと思う。(浜町SCI)

東京証券取引所アローズ

【書評】戦前・戦時期の金融市場 1940年代化する国債・株式マーケット

2020/02/17

『戦前・戦時期の金融市場 1940年代化する国債・株式マーケット』は、東京海上アセットマネジメントの平山賢一氏による、戦前・戦時中の各市場に関する研究結果。(浜町SCI)

【書評】マイナス金利-ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末・・・

2020/01/03

マイナス金利政策が導入される直前の2015年末にBNPパリバ徳勝礼子氏が上梓した本。 サブタイトルは刺激的だが、本文を読む限り極めて礼儀正しく書かれている。 (この書評記事は当初2016年に浜町SCI …

【書評】日本経済の呪縛-日本を惑わす金融資産という幻想

2019/12/29

ニッセイ基礎研の櫨浩一氏によるストックにまつわる経済書。 バランスのよくとれた良書である。(浜町SCI) (この書評記事は当初2014年に浜町SCIコラムに掲載されたものです。未掲載の書評のうち現在で …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。