「 原油 」 一覧

バイロン・ウィーン/ジョー・ザイドルの2022年びっくり10大予想

2022/01/04

ブラックストーンが、バイロン・ウィーン、ジョー・ザイドル両氏による「2022年のびっくり10大予想」を公表した。 同予想はモルガン・スタンレー時代の1986年、ウィーン氏が始めて37年目となる。

【短信】来年の原油は85ドル、100ドルも:ゴールドマン・サックス

2021/12/20

ゴールドマン・サックスのダミアン・クーバリン氏は、経済再開にともない原油需要が拡大するとして、来年の原油価格を85ドル+と予想している。

【短信】来年までに弱気相場が始まる:デニス・ガートマン

2021/11/23

コモディティ王と呼ばれたデニス・ガートマン氏が原油や株式相場の先行きについてコメントしている。

市場が調整する引き金:ジェレミー・シーゲル

2021/10/25

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、年末にかけての市場の調整の可能性を繰り返しつつも、その後については強気予想を語っている。

テーパリングで5-10%の上昇の可能性も:デビッド・テッパー

2021/10/23

アパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏が、条件付きながらもテーパリング発表時にトレーディングのチャンスが来るかもしれないと話している。

【短信】温暖化対策は供給でなく需要から:ローレンス・サマーズ

2021/10/18

ローレンス・サマーズ元財務長官が今週も小言を述べているが、そこから2つ秀逸なものを紹介しよう。

現金・債券は悲惨だから株しかない:ジェレミー・シーゲル

2021/10/14

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、株式・債券市場について従来の見通しを継続し、石油・ガス価格の上昇についてコメントしている。

【短信】米市場は静かにゆっくり弱気相場入り:デニス・ガートマン

2021/10/13

デニス・ガートマン氏は、米国株市場が弱気相場入りし、原油価格が短期のピークを打ったと予想している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。