「 バイロン・ウィーン 」 一覧

バイロン・ウィーンの魔法のDDMテーブル

2022/01/11

ブラックストーンのバイロン・ウィーン、ジョー・ザイドル両氏が「2022年のびっくり10大予想」についてのウェブキャストを行った。 ウィーン氏はいつものように独自のDDMテーブルを用い、今年の米国株相場 …

【短信】米市場がよいとも予想しない:バイロン・ウィーン

2022/01/07

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏がFOX Businessで4日、今年の「びっくり10大予想」について説明した。

2021年びっくり大予想の振り返り:バイロン・ウィーン

2022/01/05

ブラックストーンのバイロン・ウィーン、ジョー・ザイドル両氏が4日公表した「2022年のびっくり10大予想」には序文が付されている。 律儀に昨年2021年の「大予想」について自己採点をしているので、注目 …

バイロン・ウィーン/ジョー・ザイドルの2022年びっくり10大予想

2022/01/04

ブラックストーンが、バイロン・ウィーン、ジョー・ザイドル両氏による「2022年のびっくり10大予想」を公表した。 同予想はモルガン・スタンレー時代の1986年、ウィーン氏が始めて37年目となる。

【短信】経済が強ければ市場は数回耐える:バイロン・ウィーン

2021/12/10

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏は、米国株が年初予想より上昇している理由を説明し、安易に弱気に振れるべきでないと示唆している。

バイロン・ウィーン氏が保有する少しマニアックな3資産クラス

2021/10/12

ブラックストーンのバイロン・ウィーン、ジョー・ザイドル両氏が恒例のウェブキャストで、投資環境が厳しくなりつつあると滲ませている。

調整は一服、緩やかな上昇へ:バイロン・ウィーン

2021/10/10

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏は、米国株市場の調整が終わったとして、今後は緩やかな上昇が見込まれると話している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。