「 ジェレミー・シーゲル 」 一覧

低金利はすばらしい:ジェレミー・シーゲル

2019/07/15

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、FRBのハト派的な姿勢に好感し、強気の見通しを続けている。 低金利は長く続くとし、米国株に強気のスタンスを示している。

長期投資家は恐れることはない:ジェレミー・シーゲル

2019/06/15

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、FRB利下げ時期について予想した。 合わせて、長期・短期の投資家ごとに投資環境を解説した。

次の下落期はどこまで下げる:ジェレミー・シーゲル

2019/06/06

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、不確実性の高まる米国株市場の現状について解説している。 次の市場下落期にどこまで下げる可能性があるかにも触れており興味深い。

米中摩擦の織り込み度合い:ジェレミー・シーゲル

2019/05/30

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米中貿易摩擦の市場への織り込み度合いについてコメントした。 市場は80-90%の確率で合意を織り込んでいるが、状況は日々不確実性を増していると話した。

自社株買いが増えたワケと法人減税のイミ:ジェレミー・シーゲル

2019/05/27

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米企業による自社株買い増加の原因について解説している。 一昨年の税制改正を評価しつつも、残された問題点への不満も表明している。

FANGアウトパフォーマンスは新パラダイムか:ジェレミー・シーゲル

2019/05/21

ロバート・シラー教授とジェレミー・シーゲル教授のウォートン校での講演の第2弾。 シーゲル教授が、ファクター投資やFANGのアウトパフォーマンスについてコメントしている。

ゼロ取引コストのニュー・ノーマル:ジェレミー・シーゲル

2019/05/20

ロバート・シラー教授とジェレミー・シーゲル教授がウォートン校で講演を行った。 ここでは、シーゲル教授による米国株市場の長期リターン予想を紹介しよう。

米中交渉が不調なら10-20%の下げへ:ジェレミー・シーゲル

2019/05/09

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米国による対中追加関税の市場への影響について解説している。 これまでの米政府の発表どおりなら今週10日より対中関税が25%に引き上げられることになる。

全く異なる世界になった:ジェレミー・シーゲル

2019/05/06

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、FRB・FOMCの議事のあり方に注文をつけている。 その中で、米経済・市場に関する重要な見通しを述べている。

【短信】トレンドに乗れ:ジェレミー・シーゲル

2019/04/29

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米国株市場について強気見通しを語った。 短期ではほとんど悪材料は見られないという。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。