「 ジェレミー・シーゲル 」 一覧

コンセンサスの生まれ方:シーゲルvsエラリアン

2020/01/15

ウォートン校のラジオ番組で、モハメド・エラリアン氏にジェレミー・シーゲル教授がインタビューしていたが、これがどうにもエコノミストたちがコンセンサスを形成する過程のように見え興味深かった。

列車を降りる時には急落するものだ:ジェレミー・シーゲル

2020/01/11

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、モメンタム主導の市場環境に珍しく危機感を吐露している。

2000年と同じ意見だ:ジェレミー・シーゲル

2020/01/09

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、力強い上昇を続ける米国株市場についてリスクを検証した。

景気後退リスクは低減した:ジェレミー・シーゲル

2019/12/21

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、景況感の改善を指摘し、米大統領選が近づく中で楽観的な見通しを述べている。

利回り低下が指し示す来年の注目セクター:ジェレミー・シーゲル

2019/12/04

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米中貿易摩擦と来年の有望セクターについてコメントしている。

ダウ平均30,000へ:ジェレミー・シーゲル

2019/11/30

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、ダウ平均30,000を予想している。

市場の織り込み度合いは78%:ジェレミー・シーゲル

2019/11/24

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、市場による米中合意の織り込み度合いについて不気味に刻んだ数字を口にした。

米国株をさらに上げる要因:ジェレミー・シーゲル

2019/11/20

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米国株市場の好材料・悪材料についてコメントしている。

米中合意なら10%上げだが・・・:ジェレミー・シーゲル

2019/11/13

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米国株市場の現状と先行きのシナリオについて整理している。

【短信】経済データが悪化している:ジェレミー・シーゲル

2019/10/04

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米経済の鈍化を受けて、さらなるFRB利下げの必要性を主張した。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。