「 ジェレミー・シーゲル 」 一覧

現金・債券は悲惨だから株しかない:ジェレミー・シーゲル

2021/10/14

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、株式・債券市場について従来の見通しを継続し、石油・ガス価格の上昇についてコメントしている。

【短信】これは短期の心配事:ジェレミー・シーゲル

2021/10/09

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が米市場の調整入りの可能性を繰り返しつつ、長期ではいつものように強気の見方を繰り返している。

バリュー、配当株、実物資産・・・:ジェレミー・シーゲル

2021/10/05

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、現状におけるパンデミック・インフレ・金利の見通しから、いくつか検討すべき投資戦略を解説している。

市場の調整をかわすファクター戦略:ジェレミー・シーゲル

2021/10/03

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、インフレが予想外の悪化を示せばさらに5%超の調整が起こりうるとして、調整に備えるファクター選択を解説している。

2021年に残された最大の脅威:ジェレミー・シーゲル

2021/09/30

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、インフレ上振れのリスクをあらためて指摘し、早ければ来月半ばにも大きな調整が入ると警告している。

金融政策は微調整できない:ジェレミー・シーゲル

2021/09/26

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米国株市場について10-12月の調整入りの可能性を指摘しているが、それでも調整までは株式に投資することを奨めている。 もっとも、可能性にすぎず、もう日もな …

しばらく見通しは明るい:ジェレミー・シーゲル

2021/09/25

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、強気スタンスを継続しつつも、今後FRBがよりタカ派的になると見て、先行きの混乱を予想している。

【短信】インフレはまだ安心できない:ジェレミー・シーゲル

2021/09/20

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、インフレ懸念は払拭されていないとして、タカ派的なFRBの政策を予想している。

CPIが予想超えならFOMCは震え上がる:ジェレミー・シーゲル

2021/09/12

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、テーパリング開始時期の予想をややあいまいにしつつ、米国株市場の調整入りがありうると繰り返した。

階段を昇ってエレベータで降りる:ジェレミー・シーゲル

2021/09/07

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、いつものように強気スタンスを継続しつつ、株価調整の可能性への言及を増やしている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。