「 おススメ 」 一覧

市場と実体経済は全くの別モノ:ローレンス・サマーズ

2020/07/01

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、コロナ・ショックに対する政策の優先順位、経済と市場の乖離について話している。

株価上昇のドライバーは失われた:モハメド・エラリアン

2020/06/30

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏は、米国株市場の上昇ドライバーが失われたとし、市場の持ち直しにはFRB・議会の追加策が必要になると話している。

大衆の流入は弱気相場のサイン:デニス・ガートマン

2020/06/30

デニス・ガートマン氏が、株式市場で個人投資家の流入や熱狂に近い感覚が見られる点について、株式市場のピークの兆しと語っている。

アスワス・ダモダラン

90年代が株価評価を変えた:アスワス・ダモダラン

2020/06/30

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、21世紀の株価評価のあり方について語り、自身の保有株についてコメントしている。

アスワス・ダモダラン

コロナショックでウーバーに起こること:アスワス・ダモダラン

2020/06/28

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、ドットコム・バブルで起きたことを振り返り、コロナ・ショックでウーバーやリフトなど配車サービス業界に起こることを予想している。

日米の株式でバブル発生の可能性:ジム・ロジャーズ

2020/06/27

ジム・ロジャーズ氏が、経済政策に着目した上で、米国と日本の株式市場でバブルが発生する可能性について語っている。

株価V字回復に潜む2つの伏兵:ジェレミー・シーゲル

2020/06/26

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米経済・市場に対する強気スタンスを継続する一方、2つのリスク要因についても言及している。

市場はV字回復を想定しているわけではない:モハメド・エラリアン

2020/06/26

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、米国株が高値圏にある理由を解説し、FRB金融政策の内包する危うさを指摘している。

投資家が陥りがちな落とし穴:ジェレミー・シーゲル

2020/06/25

ジェレミー・シーゲル教授のBloombergインタビュー第3弾: 金融政策についての考え方、推薦図書、アドバイスが語られている。

コロナ後の世界、米国の処方箋:ジェフリー・サックス

2020/06/25

ジェフリー・サックス コロンビア大学教授のRTインタビュー第2弾: 米国が「良い社会」になるために必要な変化について語られている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。