「 おススメ 」 一覧

多くの人がとても楽しい時間を過ごす:ジム・ロジャーズ

2020/01/13

ジム・ロジャーズ氏が、各国金融政策を批判する一方で、足元の相場が何を意味するかを解説している。

最も面白いのはブロックチェーン:ジム・ロジャーズ

2020/01/12

ジム・ロジャーズ氏が「2045年に向けて成長が見込める産業」を尋ねられて真っ先に答えたのは、なんとブロックチェーンだった。

バイロン・ウィーン氏の魔法のDDMテーブル

2020/01/10

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏とジョー・ザイドル氏がウェブキャストで「2020年の10のサプライズ」を説明した。

金利上昇は限定的、ドル安予想を継続:ジェフリー・ガンドラック

2020/01/10

ジェフリー・ガンドラック氏による1月8日ウェブキャスト第4弾: 金利とドル相場の見通しについて語っている。

2000年と同じ意見だ:ジェレミー・シーゲル

2020/01/09

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、力強い上昇を続ける米国株市場についてリスクを検証した。

FRBはインフレにブレーキを踏まない:ジェフリー・ガンドラック

2020/01/08

ジェフリー・ガンドラック氏による1月8日ウェブキャスト第2弾: 米景気とFRB金融政策についてコメントしている。

2020年の最大のリスク:ジェフリー・ガンドラック

2020/01/08

債券王ことダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、2020年最大のリスクとして、投資家が最も不得意とする類のリスクを挙げた。

バイロン・ウィーンの「2020年の10のサプライズ」

2020/01/07

ブラックストーンが、バイロンR.ウィーン氏による1986年以来35年目となる恒例の「10のサプライズ」を顧客に送った。

東京証券取引所アローズ

日本株の強気相場はいつまで続く:北野一氏

2020/01/07

SBI証券の北野一氏が6日のテレビ東京番組で、同氏らしい米国視線に乗っ取った2020年予想を語っていた。

米国をいつ減らすの?今減らすの?:モハメド・エラリアン

2020/01/05

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、米市場に対する考え方を時間軸に沿って解説している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。