「 投稿者アーカイブ: 」 一覧

停滞かインフレかクラッシュか:ヌリエル・ルービニ

2021/05/09

ヌリエル・ルービニ ニューヨーク大学教授が、米経済にこれから起こりうる3つのシナリオについて話しているが、なんとも終末博士らしくて微笑ましい。

経験のない投資家を襲うインフレ・ショック:JPモルガン

2021/05/08

JPモルガンのマルコ・コラノビッチ氏は、プロの投資家がまだリフレ・トレードに完全には舵を切っていないとし、今後もさらに同トレードが進むと予想している。

波乱の米雇用統計でFRB現状維持はさらに長く

2021/05/08

7日発表の4月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が266千人増と、市場予想の1百万人増を大きく下回った。 ブラックロックのリック・リーダー氏、アリアンツのモハメド・エラリアン氏のコメントを聞いておこう …

今と最も似た時期は1930-45年:レイ・ダリオ

2021/05/07

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、100年前と現在の状況の類似性についてまとめている。

パンデミックの間650人だけで1兆ドル儲けた:バイデン大統領

2021/05/07

バイデン大統領が明確にトリクルダウン経済学を否定したことがかなりの支持を集めており、少なくとも今後数年、米政府の経済政策の性質に変化が起こるかもしれない。

財政の崖で米長期金利は低下へ:デービッド・ローゼンバーグ

2021/05/06

ベア派エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、年末に向けて財政の崖が到来するとして、長期金利低下を予想している。

年内テイパリングで市場は動揺:ジェレミー・シーゲル

2021/05/06

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、好ましい金融環境・企業収益環境を説明した上で、年内のFRBテイパリングを予想した。

左右に振れる振り子の第10番目の局面:レイ・ダリオ

2021/05/05

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、左に振れたバイデン政権・FRBの政策について、歴史上のサイクルという観点で論じている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

趨勢的なディスインフレが続く:スコット・マイナード

2021/05/05

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、またコンセンサスから外れた予想を続けている。 米経済における趨勢的なディスインフレがまだ継続するというものだ。

株式市場にカジノが参入した:ウォーレン・バフェット

2021/05/03

ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイ株主総会 第11弾: ロビンフッド悪者論から始まって州が運営する宝くじの話題にまで発展している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。