「 月別アーカイブ:2016年08月 」 一覧

スティグリッツ:気候変動と経済刺激には炭素税が最適

2016/08/31

ヒラリー・クリントン米大統領選候補へのアドバイザーも務めるジョセフ・スティグリッツ教授が、炭素税を提案している。 地球温暖化対策としてだけでなく、米経済の刺激策としても最良だという。

モルガン・スタンレー:9月利上げはない

2016/08/31

米国債に強気の見方を続けてきた米モルガン・スタンレーは、ジャクソン・ホール講演の内容から、FRBの9月利上げはないと予想している。 引き続き米5年国債の購入を推奨している。

浜田宏一:為替介入か外国証券買入れか

2016/08/31

内閣官房参与 浜田宏一 イェール大学教授が、「日本vs為替投機筋」と題する論文をProject Syndicateに寄せている。 財務省は為替介入を実施し、投機筋を屈服させてこそ、日本経済を立て直すこ …

ジム・ロジャーズ:ロシア投資の3つのチャンス

2016/08/30

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、ロシア投資への関心を語った。 ロシア市場は過小評価されているが、投資家はまだ躊躇しているという。

河野龍太郎氏:金融政策は量から金利へ

2016/08/30

BNPパリバの河野龍太郎氏が、ジャクソン・ホール講演から、日銀金融政策が金利に重点を移すと予想した。 東短リサーチの加藤出氏は、マイナス金利を深掘りするなら、長期国債買入れを減らすべきと注文した。

エラリアン:9月2日米雇用統計の見方

2016/08/30

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、金曜日に控える米雇用統計を前に、結果の評価のしかたを解説している。 雇用統計の結果とFRB利上げの可否を結び付け説明している。

ジム・ロジャーズ:日本はすべてが悪い方向に

2016/08/30

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、日経ビジネスのインタビューに応じている。 投資のフロンティアを語った他、米国・日本について弱気な見方を示した。

デニス・ガートマン:アノーマリーと金価格上昇

2016/08/29

コモディティ王デニス・ガートマン氏が、金と債券価格のアノーマリーを指摘している。 このアノーマリーが終われば、金価格は力強く上昇を始めると予想した。

クルーグマン:違う宇宙の国

2016/08/29

ポール・クルーグマン教授が、自身のブログで、ドイツの頑なな緊縮政策を批判した。 世界が財政政策の重要性を認識しつつある中、一番変わらなければいけない国が耳を傾けないと嘆いている。

ジム・ロジャーズ:米ドル・バブルの可能性

2016/08/29

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏は、安全資産を求める動きが米ドル・バブルを生みかねないと警告した。 米ドルは安全資産との錯覚が、世界のマネーを米ドルに引き寄せるという。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。