海外経済 国内経済

米ドル 値上げの均衡点?

CNBCが「物価が二度と低下しないかもしれないワケ」と題するビデオを公開していた。
その中に少し気になる解説があった。


その経済・社会の良否は全体を見てみないとわからない。
それでもあえて物価だけを見るなら、米国の物価上昇は相当に過酷らしい。
しかも今回、物価以外まで少しスコープを広げても見方は変わらない。
《実質賃金はプラス》という過去の傾向が失われ、多くの家計は本当に貧しくなっているようだ。

そのビデオの中で、こんな解説がなされていた。

インフレについての偉大な格言の1つは『高物価の最大の治療法は高物価』というもの。
どこかに均衡点があるという意味だ。
物価は経済学者が『収穫逓減』と呼ぶ点に到達し、そこでは(企業は)もはや価格決定力を持つことができず、引き下がるしかなくなる。
企業はまだその点に達していない。

非常に冷静で教科書通りの分析だが、庶民にとっての意味を思うと切なくなる結論だ。

さて、日本の消費はどうなっているのか。
家計調査の消費支出(2人以上の世帯、実質)を見てみよう。

日本の消費支出とCPI総合(前年同月比)
日本の消費支出とCPI総合

消費支出(実質)は近時大きく変動しているから定かなことは言えない。
ただ、1月まではかなりよくない状況にあった。
仮にCPI上昇分だけ企業が利ザヤを拡大できたと仮定した場合でも、量の減少によりその分を吐き出しかねない状況だった。
ただ、そうした仮定でも、企業にとってはまだプラスかもしれない。
量の減少は変動費を減らすからだ。
だとすれば、均衡点はまだ先という可能性が出てくる。
(実質賃金がマイナスの日本で、これは本当に厳しい。)

さらに注意すべきは、日本企業にはさまざまなスペクトルの顧客がいることだ。
消費者に限っても、日本の家計、インバウンド、海外の家計。
このうち高い価格を設定しにくいのは日本の家計だろう。
海外の家計はすでに高い物価水準にあるし、それに慣れているインバウンド顧客は高い価格に寛容だからだ。

企業は各々のステークホルダーへの責任を果たす責務を負っている。
時としてステークホルダーを入れ替える決断をすることもある。
日本企業が顧客ミックスを能動的に変化させるのは自然なことだ。
特に内外での価格差や顧客購買力の差が開いている今、日本企業が日本人を切り始める可能性もなくはない。
あるいは、もう少し柔らかな言い方をすれば
《日本人は金持ちだけで結構、少々量が減っても構わない》
と考えだすのだろう。


-海外経済, 国内経済

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。