海外経済 投資

ジェレミー・シーゲル教授が本当に伝えたいコト

ジェレミー・シーゲル教授が今年の米国株市場見通しを語ったビデオが19日付で公表されている。
その見通しと、教授が本当に伝えたいことを語った部分を紹介しよう。


少し抑え気味に8-10%を予想している。

シーゲル教授がThe Julia La Roche Showで今年の米国株市場を予想した。

2023年よりは低い上昇率を予想している。
しかも、シーゲル教授は予想数字の見方について注釈をつけている。

「米市場が2段式の市場だった点を忘れてはいけない。」

シーゲル教授は、米国株市場の二極化に言及している。
2022年はバリューがよくグロースが悪い年だった。
2023年は真逆だった。

「今年はバリューがグロースをアウトパフォームする年になろう。
2024年マグニフィセントセブンはS&P 500全般ほどよくないだろう。」

どんなに的中確率が悪くても、シーゲル教授が続けるバリュー復活予想だ。
ここにはある種の信仰のようなものがあるのだろう。

分が悪いことはシーゲル教授自身が自覚している。
「確実な予想ではない」、「これら大企業はとても特別で、除いては考えられない」と本音を吐露している。
それでもマグニフィセントセブンに(相対的に)弱気なのは、PERに高い成長期待が織り込まれており、競合も激しいためだ。
一方、バリュー株は低PERで、景気後退入りがない限り下方リスクが少ないという。

シーゲル教授はインタビューの最後に、積極的に続けてきた情報・意見の発信の目的を述べている。

株式は短期ではもっともボラティリティの高い資産クラスだ。
上がったり下がったり、弱気相場だったり強気相場だったりのドラマがある。
しかし、長期では最も安定的な資産クラスだ。
実質リターンは2世紀超にわたって年5-6%の間を維持してきた。
他の資産クラスで株式市場ほど長期リターンが安定しているものはない。
だから、特に若い視聴者・聴視者は下降気流に恐れないで、弱気相場に恐れないでほしい。
株式市場にとどまれば、必ず市場が下げた時、買いを減らすのではなく増やすチャンスがやってくる。

シーゲル教授のメッセージはまったく正しい。
皮肉なのは、教授の話を聞く側が必ずしもその意を酌んでいない点だ。
多くのファンがマーケット・タイミングのためにシーゲル教授の発言を聞いている。
彼らは近いうちに試されるかもしれない。
景気後退や弱気相場が来た時に買い増す人がシーゲル門徒。
そうでない人は、必ずしも正しい情報の解釈をしていないマーケット・タイマーということになるのではないか。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。