投資

アスワス・ダモダラン アスワス・ダモダランのパラドックス

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授のMotley Foolインタビュー第2弾: FPではこの内容を《ダモダランのパラドックス》と呼ぶことにした。


偉大な投資家についての読書はやめないといけない。

ダモダラン教授がThe Motley Foolで語った。
読者の皆さん、FPなんて読んでる場合じゃないですよ。

FPではダモダラン教授を優れた学者であり(金額こそ小さいだろうが)偉大な投資の実践者と考え、多く取り上げてきた。
教授の今回の教えを《ダモダランのパラドックス》と呼ぶことにしたい。

ダモダラン教授によれば、ウォーレン・バフェットに関する書籍を多く読んだ投資家のパフォーマンスはインデックス・ファンドに負けていることが多いのだそう。

「現実には、偉大な投資家とは《投資家としての質》と《稼働している時間》の両方の掛け算だ。
ウォーレン・バフェットはその両方で有利だった。
それを真似るのは容易ではない。」

相変わらずニヒルな達観だ。

このインタビューではダモダラン教授は珍しく、自身が運用する家族のお金について触れている。

「ちなみに子供たちについては、成長するにしたがい彼らのお金を個別銘柄からファンド、インデックスファンドへ移している。
個別銘柄はケアとメンテがはるかに多く要るからだ。」

ダモダラン教授は以前から投資のストレスについて「スリープ・テスト」と呼ぶチェック法を実践している。
「自分のポートフォリオの展開がどうなるか心配で夜眠れないようなら失格」だ。
その場合、やり方を変えないといけない。
ところが、教授は一度も失格となったことがない。
投資の目的を「平穏」とし「投資におけるカルマ(業)の道」を歩いていると話してきた。

ダモダラン教授は、この「平穏」が誰にでも当てはまるとは限らないと考えている。
家族にポートフォリオの心配をさせたくないとの思いから、インデックスに移しているのだという。

(次ページ: バリュー投資で語られるポートフォリオのケアとメンテの矛盾)


 次のページ 

-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。